All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三度目の正直

昨日、センチュリーライドの完走証、名前、マイルスタンプが両方そろったものが届きました。
今回はピンクの紙にお手紙でした。相変わらず私はMrでしたが。

IMG_3405.jpg

とても忙しくて忘れてしまったそうです。。いくら忙しくてもどうやってスタンプを、、なんて事を考えなくなったのは数年前くらいから。

IMG_3404.jpg

一年に三枚完走証がもらえる人もそんなに居ないと思うので記念に取っておきます。




案外いっぱい居たりして。



スポンサーサイト

Happy Halloween 2010

今年もハロウィンがやってきました。
毎年社員達に仮装させるのが大変なのですが、去年と同じく私の持っている衣装を全部置いておいたらポツポツとみんな仮装し始めて今年は去年より多く仮装させることに成功。

IMG_3303.jpg

私は、、どれか分かります?

IMG_3306.jpg

去年私の衣装を着ていた彼は自前の神父の衣装。フィリピンに行った際にオーダーメードしたそう。来年と再来年の衣装ももうできているそうです。

あとは
IMG_3352.jpg

野球ボールとか

IMG_3276.jpg

去年の白アフロの彼は今年は私のサダコかつらを。

IMG_3291.jpg

神父の彼が去年着ていた衣装は彼が(この衣装は毎年男の子)。ただ、細身で顔が整っているから女の子に見えてあまり洒落にならなくて、その辺の女の子よりずっと可愛いかった。
緑のぬいぐるみはGumbyという古い古いキャラクター。(かれは去年デブスーツを着てアフロ姿でした)

おまけ

IMG_3326.jpg

Gumbyのアフロを今年も借りて。



みんなではしゃいで大騒ぎして、一日の終わりに社員の一人が

「ねえボス、それジブシー?」



。。。。

言われてみたら確かに見えなくもない、、、


海賊です、念のため。

完走証再発行

完走証のスペルミスを指摘して手紙を出したらハワイにしては珍しく速攻再発行して送ってくれました。
こんなカードまで。

IMG_3268.jpg

でも

IMG_3267.jpg

Mr...
普通に名前で呼べば間違いなかったのに。。まあ、いいんだけど。

さて、肝心の完走証。
名前間違いなし!

でも。。。

IMG_3266.jpg

何マイル走ったか証明するはんこがない。。。
これでは完走証にならないですよね。

ちゃんとした完走証がもらえる道のりは長そうです。

完走証

今年は追加参加者が多かったのか、センチュリーライドの完走証が切れてしまい、後日発送でした。もっと早くゴールしていたらあったのですが。もらってなかったこともすっかり忘れていたけれど。
日本のお友達が先に受け取っていたので、このまま来ないかなと思っていましたが、昨日、やっと届きました。
(ちなみにハレイワセンチュリーライドは完走証なし)

現地参加は名前をプリントしてもらうことはなく、ブランクか手書きだったのですが、今回はちゃんと名前入り。遅くにゴールしてよかった。





でも、名前が。。。

一文字違うだけで、なんて違う響き。

IMG_3238.jpg

Haleiwa Century Ride 2010 & Honolulu Century Ride 2010

お久しぶりです。
お久しぶりすぎて、もちろんパスワードは忘れていました。

今年もセンチュリーライドの季節になりました。
実は四月にハレイワのセンチュリーライドもありまして、こちらは100キロ。こっそり(?)参加していました。

早朝に車でノースまで行かないといけませんが坂が殆どなく海辺を走るので爽快。ハレイワを出発してスワンジービーチで折り返します。(スワンジーはホノルルセンチュリーライドの折り返しでもあります)
参加数も800人くらいのローカルなイベントで、スタートも気づいたらズルズルスタート、って感じ。
ホノルルセンチュリーライドで知り合ったJと一緒に走りました。Jのお友達のJ(同じ名前)も一緒。同じジャージで「着てくるなと言ったのに!」と言い合いながら。一人は自転車の軽量化に力を入れすぎて途中でガス欠になってました。私が持っていたエナジーバーは「健康すぎる」と(顔しかめながら一応食べていたけれど)。ゴールまで残りわずかで我慢ができなかったようでガソリンスタンドでスニッカーズを買ってすごい勢いで食べてました。そんなこんなでACDCのおじ様二人に挟まれて無事100キロ完走。
私のような素人にはぴったりなのですが。。参加者殆ど全員本格的自転車乗りさんでした。
制限時間より数時間早く帰ってきたのにゴールではテント片付けてたし。

IMG_2876.jpg
IMG_2869.jpg
IMG_2883.jpg

ゴールのサインもホノルルセンチュリーライドの使いまわしですね(今気づいた)。


そして今回ホノルルセンチュリーライド。参加者2200人。今回はコース変更が結構あって、いつ上り坂が来るか見当つかずにヒヤヒヤしながら100マイル(160キロ)完走。制限時間の一分前にゴール。
肩とお尻は相変わらず痛かったけれど今年は前半曇っていたせいか去年よりは楽でした。
P9273027.jpg
IMG_2059.jpg
私、黄色着ていたら信号になれてましたね。

次の日の高波のノースショアで泳いだ方が(よい子の皆さんは真似しないでね)脚にきたかも。

日本からのお友達は皆帰ってしまいました。
本当に色々お世話になりました。
楽しい時間はあっという間。一週間ぶりの仕事着が窮屈です。

次は、ハロウィン。何着ようかな?

Happy Halloween 2009

今年もハロウィンがやってきました。
今年から二店舗管理するようになり、従業員が40人以上いるため、統一テーマを決めるのは無理でおのおの好きにドレスアップしてもらうことにしました。

私は二年前の魔女と猫の衣装を使いまわし。羽とカツラを加えてこんな感じ。羽が落ち気味ですが。。


hal09-3.jpg
hal09-8.jpg

彼女はシャトルバスのドライバー。この日のチップは普段の10倍以上だったとか。

hal09-2.jpg

真ん中の子はこれで一日中、洗車していました。
白のアフロは私が去年使っていたもの。ハロウィンであることを忘れてた、というのでこれを貸したら、同じく、その後、チップがすごかったらしく、このまま夜繰り出したいと、私から買い取っていきました(私は貸すと言ったのですが欲しくなったそうです)

hal09-10.jpg

シリアルの箱を体中に付けて「シリアルキラー」。

hal09-11.jpg

彼は仮装してなかったのですが、私が持っていたダークエンジェルの衣装とカツラを無理やり着てしまいました。

仕事が終わったらお友達たちとダウンタウンへ。
それはまた後日。

Honolulu Century Ride 2009

例の如く、ブログ編集用のパスワードを忘れてしまって、ログインに戸惑ってしまいました。

お久しぶりです。生きています。今年もセンチュリーライド、出てきました。

今年でセンチュリーライドも5回目。昨年75マイルで諦めた悔しさを一年引きずりましたので今年は例年になく私なりに努力してみました。

大会一ヶ月前からエレベーター使用せず(私は25階に住んでいます)。
二回試しに長距離(90キロと70キロ)乗ってみる。自転車を意味無く乗るのは初めて(どこかへ行く交通手段かセンチュリーライドしか乗ったことがない)。
前日30キロ足慣らし(これは皆さんにくっついて。10キロで引き返そうとぶうぶう言いながら)。

階段は最初は喉笛が鳴るくらいきつかったですが、3日目から普通に昇れるようになりました。脚を高く上げながら昇るといいよ、とGさんにアドバイスいただきましたが、流石に普通に昇るので精一杯でした。
90キロの試し乗りは途中で引き返せばいいものを調子のって遠くへ行き過ぎて、あまりのつらさに冗談抜きでバスに乗って帰ろうかと思いました。それなりにお高い自転車乗っているのに、帰りはキイキイ音を立てる錆び切った自転車のおじいさんに抜かされるくらいバテバテ。

70キロ乗ったときは8キロくらいから膝が痛くて最後までかなりつらい。

30キロの前日走行では膝が最初から最後までいたい。

これでは160キロは無理かなあ、と思いつつ、大会当日。
膝はある程度補強はしましたが、出発後なんと10メートルくらいから膝の痛みが出て、今年も無理だな、と覚悟しました。
ところが不思議と数キロ乗ったら膝は嘘のように痛みなし。これが休憩の度に続きました。休むと最初が痛くて快復。練習ではあんなに痛かったのに。翌日以降も痛みなし。練習ではあんなに痛かったのに。変な膝です。

私は誰よりも遅いので、休憩時間を最短にしてなるべく遅れをとらないようにして、(もちろんそれでも遅れましたが、待っていただいて)なんとか100マイル(160キロ)完走しました。脚と膝は平気でしたが、一昨年折ってリハビリをサボった肩だけにはかなり悩まされました。未だに肩の一部がしびれていますが、いずれ治るでしょう。今回一番ショックだった出来事がGさんにバンテリンを落としちゃったと言われた時。実は密かに目の前がネガポジ反転した気分だったのでした。
来年はバンテリンを準備しなきゃ。(リハビリしろ、と言われそうですが)

一昨年の100マイル達成時は毎日通勤で20マイル乗ってたので、一ヶ月前まで何もしなかった今回は感動がひとしおです。体へのダメージも肩以外はあの時より元気。去年の75マイルよりずっと元気。

そうそう、今年は弟も参加し、一緒にゴールしました。

cr09.jpg

顔も性格も違いますが(肌の色は同じ)、趣味だけはどこか似ていたのか、申し合わせたようにそっくり。。ってただの黒ずくめですが。
姉弟仲はいい方だと思うのだけど、お互い家を出て殆んど話す機会が少なくなったので、姉弟でこうやって何かを一緒に達成できるのはいいものです。

いつもならこれで一年自転車は乗らない私になるのですが、今回はもうちょっと乗ってみたい気分。
次は四月のハレイワの100キロセンチュリーライドに出ようかな。
出たら去年よりは一記事ブログが多く書けそうです。

日本から色々グッズ(と、食べ物、ドリンク)を持って来てくださったTさん、Gさん、と弟、遅いペースに合わせて走ってくださったHZさん、今年も同伴カメラマンに徹してくださったMさん、ゴール写真を撮ってくださったHKさん、本当に色々お世話になりました。来年も来てね。

雷と停電

クリスマスの翌日、稲妻が光ったと思ったら停電。
そのまま12時間停電してくれました、また。前は地震だったけれど。

復旧するまでどっかでご飯を、とドライブを始めたものの、空港を超えたあたりで島全体が停電していることに気づき、パールシティの同僚の家に避難(トイレを借りに。んでご飯までいただきました)。
泊まって行ったらいいよ、と言われたのですが、私の部下の電話が不通。家族契約だから家族みんな不通。連絡の手段がないので心配をかけてしまうと、暗闇の中、帰ることにしました。

帰ってきたら、うちのアパート、停電後1時間は点いていた非常灯も消えて、真っ暗でした。
そうそう、私、今年の夏に引っ越しました。
部屋からの景色はこんな感じ。

myveiw2.jpg
myveiw1.jpg

キレイでしょ。

4年間二階に住んでいたからこの差はすごいです。
毎日窓の外をボーっと見ているだけで落ち着きます。



ただ



こんな高層で快適なのは文明の利器があるから。



エレベーターなしの25階は(しかもワインを飲んで)少々きつかったです。。


携帯の充電が切れかけていたから、真っ暗闇の階段を上らないといけないかと覚悟していたら、ランタンを持って人を誘導する人を急遽雇ったみたいで一緒に昇ってくれました。

普段、光に溢れる景色に見慣れていたから、真っ暗な窓からの景色は新鮮でした。
ビルが立ち並ぶ前のホノルルの夜をちょっとだけ垣間見ることが出来ました。



でも、やっぱり電気の無い生活はできませんです。

Black Friday

Thanksgiving day は24時間経営の店も大抵18時ごろで閉まります。
そして、翌日はアメリカで、1年で最も盛大なショッピングの日ブラック・フライデー(黒い金曜日、Black Friday)。

なぜ、この名がつけられたかというと、2つの説があるそうです。

1つは、過去の証券市場の大暴落、特に1869年に金市場の暴落で、大変な混乱となった、その混乱さを示すものとして使われ始めた。

もう1つは、年内で最も忙しいショッピングの日は、商店の帳簿を赤字から黒字にするということ (こちらの方がもっともらしい)。

私の周りにもこの日を一年前から待っている、って人も多いです。
前日の夜中から目当ての数量限定目玉商品を手に入れるべく並ぶ人もいるし、それを見込んで、人気商店も早朝(朝の4時とか)から営業しています。
早朝買い物行ってから仕事に行くそうです。

運転免許取るときに100ドル払って前日から並んでもらったくらい、並ぶのが苦手な私は一生参戦は無理だけど、私の友人は去年、250ドルのノートパソコンを手に入れるため、前日の22時から並んでました。
今年はお客さんが32インチのフラットTVを399ドルで手に入れたと言ってました。

このブラックフライデー。年に一度の大イベントで楽しむのはいいのですが、悲しいことに今年は度が過ぎたようです。

今朝のニュースで、昨日、ニューヨークのWalmartで、男性従業員がこのブラックフライデーセールのため押し寄せた客の下敷きになり亡くなったそうです。
開店時(たしか5:00AM)、集まった数百人から数千人が店のドアを壊して店内に殺到して、男性従業員を押し倒して踏みつけていったそう。

どうしてちょっと考えないんだろう?
自分の足の下に人が居ることにも気づかないくらい「安売り」に目がくらんでいたのか。

人間としての最低限の常識をたかが安売りで失ってしまうなんて情けない限りです。

踏みつけた人々は裁かれることなく「事故」として扱われてしまうのでしょうか。
数百、あるいは数千人を限定するのは無理だろうし、遺族は訴えるとしてもWalmart相手。

せめて、踏みつけた人、いや、ドアを壊してまで突入した人全員、自分たちが安売り商品が欲しいがために「殺人」を犯したことを自覚して欲しいものです。

Happy Thanksgiving!

昨日はThanksgiving day

年中無休の私の店も正午に閉めてボス主催のランチに参加。
写真は撮ってないけれど、各自何か持ち寄るからすごい量の料理。

食べ過ぎました。

さらに水も飲めません、ってくらい満腹状態で、夜はうちの支店長の叔母さん宅でディナー。
おいしそうだし、薦められたら、残さず食べちゃう私。

叔母さん宅には親戚一同集まってました。
こちらの日系人は日本人であることをとても誇りに思っているけれど、私のように日本から来た日本人の知り合いは殆んど居ないから、質問攻めになります。

その中に二人おばあさんがおられましたが、二人とも日本語を話されてました。
ただ、聞いていると、同じことをひたすら繰り返し。
なんでかな、って思ったらお二人ともアルツハイマー型認知症だそうで、身体はものすごく元気だけれど、いつも同じことを話されているそうです。

そんな彼女らと私の会話。

「ニホンジンなの?ナニケン?」
「京都です」 (私は滋賀だけど、説明するのが面倒でいつも京都っていいます)
「キョウト、コトバがキレイね」
「そうですね」 (私は京都弁話さないけれど)

1分後
「ニホンジンなの?ナニケン?」
”Kyoto”
「キョウト、コトバがキレイね」
「そうですね」

さらに1分後
「ニホンジンなの?ナニケン?」
"I'm from Kyoto"
「キョウト、コトバがキレイね」
"Thank you"

これが10回以上繰り返されました。
5回過ぎたころから、他の人たちが何とか話題を転換しようとしてくれましたが、おばあちゃん、一分くらいしたら目を輝かせて「ナニケン?」。

終わったと思ったら一時間後くらい、忘れたころに「ナニケン?」
また全く同じ会話の繰り返し。
合計20回以上。
おばあちゃんにとってキョウトはコトバがキレイなところ、ということはしっかり頭に焼き付いているようです。

健康で他に病気は全くないそうでいつも朗らかだそうです。
とてもかわいらしいおばあちゃんたちでした。

帰ってきたら、机に向かうも座るのも苦しくて撃沈しました。

宿題があるから、ってショットを2杯で我慢したのに、こんなことなら、もっと飲めばよかった。
食べすぎで全然酔えないし。
(酔っ払った私は洒落にならないから丁度よかったんですが)

**翌日のブラックフライデーの日記はこの後にあったのですが、追記を入れたらずいぶん暗い内容になったので、別に分けました**

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。