All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの携帯電話システム 1

固定電話に加えて、さらに違うのが携帯のシステム。
こっちの携帯は日本のように090などではなく、契約した場所の市外局番になります。

ハワイで契約したら808。
市内であるかぎり、携帯も市内電話になります。

つまり私は家の電話からハワイで契約した携帯に電話するのは、市内通話扱いなので無料なのです。
携帯に電話するのが高い日本の感覚からしたら不思議です。

ただ、ハワイにてアラスカで契約した携帯を使うと長距離通話になる。
でも逆にこれを利用して、自分のホームタウンで携帯を契約してこっちに持ってくると家族が市内通話(無料)でかけられるという使い方ができます。

でも、携帯の盲点は受信にも通話料がかかるということ。電話がかかってきたらその分お金がかかるのです。
これはかける側も結構気になります。
かける私は無料でも受ける相手は有料。。。

日本でよく「これは受信専用携帯」と言う方がおられますが、こっちではどっちもお金がかかります。
かかってきても、かけても同額かかるそうです。

日本のように受信は無料という方式もあるのですが、私の周りはそういう契約をしている友人は居ません。
通話料が高いのかな?
(つづく)
スポンサーサイト

アメリカの電話システム(固定電話)

アメリカでは電話のシステムが基本的に日本と全く違います。
まず市内通話 (local call)はかけ放題(基本料金に含まれている)。
私の場合、オワフ島は全域無料です。

そしてそれ以外を長距離電話 (long distance call) と言います。
私の電話は市内通話しか出来ない契約なので長距離電話や国際電話はかけられません。(受信は可)
でも長距離電話何分分でいくら、といった形で売っているカードを使えばかけられます。
フリーダイヤルに電話してカードに書かれた暗証番号を入れて電話をかけるもので、公衆電話からでもどこからでもかけられる便利なシステム。

チャイナタウン等で安いカードも手に入りますが、使用期限があり、一回使うと毎週、数セントずつメンテナンスと称して課金されたりするので注意が必要です。
私の一枚目のカードは国際電話を5分ほど使って、このメンテナンス料を知らずに使い切ってしまいました(120分ほど使えたカードでした)。
それを知らずにカストマーサービスへ苦情電話を入れた私。
そして知った後も信じられず、文句を言い続けましたがもちろん何も返って来ませんでした、、とほほほ。
まさしく安かろう悪かろう・・・

今はしっかり学習して期限、メンテナンス料なしのカードを使っています。
全米どこでもオワフをでたら値段が一緒。(一分約3セント)
ニューヨークでもハワイ島でも同じなのです。
国際電話にも使え、日本だったら一分10セントほどかな。

ハワイへ到着直後、両親に無事ついた旨を空港の公衆電話から国際電話をかけたら(クレジットカード使用)、、5分以内だったのに2500円くらい引き落とされていて、かなりショックを受けたものです。

節約生活をしていると何かとケチケチするのですが、電話(市内)だけはリッチに(?)使えるのがうれしいですね~

蛸玉

日本に旅行へ出かけていたSTが帰ってきて、私のPCをなおしてくれた彼の友人Gと土産話を聞いていたのですが、その中で

I ate octopus balls.

するとGがかなり怪訝な顔をし、何それ??と言うので説明。
たこ焼きの説明を受けたG、急に安心したように

Oh, I see. I thought it's a testicle of octopus!

。。。。
ええ、確かにボールと言いますね。
日本語でも確かにそういいますね。
言葉、文化が違えども表現方法は一緒ですね。。

いや、それ以前に名前、タコボールでも蛸玉でもないので、ちゃんとタコヤーキと言っていただきたい、、。

ご存じ、あるいはお気づきだとは思いますが、testicleの意味は、こちらをご参照くださいませ。

ちなみにSTは日本をいたく気に入ったようですが、たこ焼きは好きになれなかったそうです。
あんなにおいしいのに。

でも蛸のtesticleってどんななんだろ??(ちょっと興味あり)
いや、それより、蛸にtesticleあるの??

追記
哺乳類にしかないみたい(なんだか残念)

web addict

パソコンの調子が悪いので、前々から(数ヶ月前から)しなければ、と思っていたOSの再インストールをようやく重い腰をあげてしようと思ったら。。。。

リカバリの途中でエラーがでました。
そのまま止まってしまいました。
ものすごく焦りました、はい。

実は私、まだWin2000を使っていたのでこの機会にXPへアップグレードしようとしたのですが、その前にまず入れ直そうと思った2000で見事に散り果てましたです。
パソコンを買ったのが一年ちょっと前。もちろんすでにXPの天下だったのですが、何度もXPのトラブルに遭遇していた私は絶対使いたくない、、、とあえて2000バージョンを買ったのでした。
そして、わざわざお金をかけてXPにアップグレードする私はやっぱりちょっと間違った選択をしたかな?

さて、私のエラーの原因はどうやらリカバリCDにあったらしく、PCの修理をしている友人のCDを借りて(彼の助けも借りて)三回やり直してやっと復活しました。

でもOS入れている最中に止まるのはやめていただきたい。。

血の気が引く、とはこのことをいうのだな、と思いましたね。
相変わらず私って本当に無力。

静電気でPCの動きを止めてしまう静電気超能力者の某友人(掲示板参照)と違ってきわめてわかりやすい原因でした(何しろ私は静電気は殆どない上に外付けキーボード)

そして、丸一日自分のPCがない状態(OSすら入っていないキーボード付きの物体)で過ごした私は改めてネット中毒であることを自覚しなおしたのでした。

寝間着みたい

昨晩は、テストが終わったのでクラスメイト達とベトナム料理を食べに出かけました。
外食は一切しない私ですが、昨日は終わった!!という開放感で喜んでご一緒しました。

頼んだのは春巻き、生春巻き、ナマズのスープ等々。
ナマズは初めてだったけどゼラチン質が沢山あって美味しかった~

さて、そこで私はまたまた知らなかった事が。
春巻きがスプリングロール(そのまんま)というのは知っていました。

でも、
生春巻きを「サマーロール」というのは知らなかった。。。

夏巻??

英語に不自由しなくなった、なんてまだまだ思ってはいけませんでした。
いや、英語以前の常識??

ぽちっとな

こちらに来て未だに慣れない事があります。
それは一部女性がTシャツやキャミソールの下に下着をつけていないのです。
つけている人もカップがないものをつけている(人がいる)。
つまり、ぽちっと見えるのです。
ものすごく恥ずかしい。

ハワイだからかと思ったら、テレビドラマでも平気で美しい女優さん達がぽちっとしています。
もちろん大多数はちゃんとカップ付きの何かをつけていますが、出かけると数人ぽちを見かけます。

友達に聞いてみましたが、殆どの友人達はカップなしで外には行けない!と言いますが、一部友人は結構平気でノーブラで来ます。
つまり全員が全員平気である訳ではないけど平気な人もいる。自由の国ですからね。

昨日見たのは強烈でした。
いくら自由でもピチピチの白いキャミソールで何も下に着ないのはやめていただきたい。。
ナイスバディならともかく、コニシキのような体型で乳輪まで透けているのはかなりつらいものがあるのでございますよ、はい。


<追記(1/20)>
掲示板に書き込みを頂き、更に友人がメールで教えてくれて知ったのですが、アメリカなどでは乳首がピンと立っている方がキュートとされるそうです。。

ポチがきゅーとですか、きゅーと。。

んで、そのキュートさを演出するために、その名も「つけ乳首」、をわざわざブラジャーの上から付けるとか。。。
(「つけ乳首」で検索したら沢山出てきましたです)
衝撃でございます。

私が普段目にしているのはこの「付けた」ポッチンだったのかもしれないのですね。

先日見た全体が巨大な方のは間違いなく本物でしたが、、
確かに乳輪が透けるコニシキを見るくらいなら、付けたポッチンの方がいいかも。。

いや、やっぱりその前に痩せて欲しい。

週末は期末テストです。
人の胸ばっかり見ていないで頑張ります。

純血

昨日、先生の研究室へ質問しに行ったら、帰り際、
「canaはお父さんもお母さんも日本人?」
と聞くので、
「タイだと思いました?」
と返すと、
「やっぱり!!」
いや、、違います。

先生の知り合いのタイ人の人に私がそっくりだそうです。
会ってみたいですね~(その方が女性なのか男性なのか聞くの忘れたけど)

私をタイ、あるいはインドネシア人と勘違いしていた人はすでに分かっているだけで20人近くいるので、こういった会話は日常茶飯事です。

「実は母があまり日本人っぽくない顔なんです、私よりもっと。。南米というか東南アジアと言うか。。」
そうしたら先生、パッと顔を輝かせ、

"Oh! so she is dark too and ...."

って、、、そこですか???
顔立ちとかじゃなくて、私の顔の色ですか?!

ちなみに日焼け対策万全なのでそんなに日焼けしていません。。。

$ショップ

こちらにも100円ショップの代わり(?)に99セントショップがあります。
こちらの人は”dollar shop”と呼んでいます。

中に入るとまるで日本の100円ショップ。
まるで、というより、日本の100円均一そのもので、並んでいる物が日本にあったものと全く同じなのです。

さすがにダ○ソーブランドのものはありませんが、スポンジ、お皿、プラスチック製品等々どれも見たことのある物ばかり。
ラベルも日本語そのままで英訳も付いていません。
でも、どう見ても日本人でない人がその日本語ラベルの商品をどんどん買っていきます。
私も大変お世話になりました。

ただし、違いもあります。
機械物がないということ。
時計、キッチンタイマー等はありません。
日本人は100円均一の時計が壊れても殆どだれも文句を言いませんが、ここはアメリカ、訴訟大国です。
一回一回対応していたら大変なのかもしれませんね。

さて、先日ワインを買ったので栓抜きを買いにダイエーのone dollar(ダイエーは99セントでなく1ドルです)コーナーへ行ったのに、見つからず。。
絶対ある!とくまなく探したのですがありません。
ケチな私は1ドルで買えると思った物に5ドルかけられませんでした。
(栓抜きを持って、かなり長い間じっと見つめていた私は端から見たら怪しかったに違いない)

誰かハワイへいらっしゃるとき、100円の栓抜き持ってきてください。。

日本文化

昨日、今週日本に旅行するSTの手伝いをしていたら、
「日本は小さい頃からずっとずっと憧れだったんだ」と言うから
「小さい頃に日本の事知ってたの?」と聞くと、
「そりゃ僕の年代の男の子はみんなガザーラ(と聞こえる)の熱狂的ファンさ」
????
一瞬?となりましたが、すぐゴジラと分かりました。
そして、
「ガザーラは悪者でも味方でもないんだ、、、、」
と熱心に語ってくれました。
でも、私、ゴジラを見たことがないので「へええ知らなかった」と日本人なのに感心していましたが。
ゴジラってただ暴れているだけだと思ったら最終兵器みたいなものだったのか。。(彼曰く、です)
最初は助けてくれるけど、度を過ぎると逆に危害を被るとか。。

日本にだって黄門様や遠山の金さん等々単純すぎる勧善懲悪を楽しむ文化はあるとはいえ、悪者=絶対悪という図式がいつも成り立つ訳ではないのが、アメリカ人にとっては新鮮なんですね。

そういや以前、日本に住んでいるアメリカ人に
「日本の映画はとっても難しい」
と言われ、その代表として「モノノケ」と言われました(もののけ姫)。
「だってあれ、誰も悪者出てこない。誰も悪くない。」
でも実際世の中、そうそう完全な悪人は居ません。

続いて(STとの会話に戻ります)、
「それに、アートゥマン(と聞こえる)を観るためにいつも朝の五時から起きてたし」
これは、、さすがに一瞬より少し時間が必要でした。

おわかりでしょうか?

ウルトラマンです。
英語に「うるとら」なんて発音はないのです。
彼が発音しているのが正しいのです・・・・が、、、なんだか雰囲気違う。。

ウルトラ、の方がなんだか強そうなすごそうな気がする私はやっぱり日本人。

ノーヘル

ハワイと日本の交通法の違いの一つが「バイクのヘルメット着用」。
ハワイではバイクに乗るときヘルメットが義務づけられていないのです。
しかも暑い国なので誰も長袖なんて着ません。
(アメリカは各州で法律が違うので義務づけられている州もあります)

でっかいホンダのバイクに乗ったスキンヘッドの白人男性。。なんだか頭が見ていて不安です。
せめて髪の毛をかぶって欲しい。

ハーレーに乗った上半身裸のアジア人。
貧弱な体型。痛々しい。

その反面、自転車に乗っている人は意外に高い確率で自転車用ヘルメットをかぶっています。
バイクのヘルメットはまだ数回しか見たことがありませんが、自転車は毎日最低一人は見かけます。
レーサー風でなく、ごくごく日常で自転車に乗っているのですが、ヘルメット着用。
かなりかっこいいです。

ノーヘルのハーレーの横をヘルメットをかぶった自転車が通っていく。
ちょっと不思議な光景です。

ハワイ時間

ハワイには時計の示す時間と別にHawaiian timeというものがあります。
名前を付けるほどのものではないと思うのですが、要するに時間になっても誰も来ない、あるいは必ず誰かが遅れる、という風習(?)です。

遅刻しても” This is Hawaiian time” で済まされてしまう。
こういった表現は世界各国にありますが、そのうちの一つですね。
もちろん全員が全員遅れてくるわけではありませんし、私の友人達は比較的時間にはしっかりしています。

でも一般的には、そもそもみんな時間通りに来ないのが当たり前。酷いときは平気で一時間遅れてくるそうです。
携帯は普及しているのに連絡もない(何度も言いますが全員がそうではありません)。
鉄道も地下鉄もないので電波の問題はないはずなのに。
そして、いつも時間通りに来て、それをイライラしながら待つ日本人(私)やドイツ人(M)。

そんな私たちにみんな(遅れた人を含め)がかける言葉はなぜかいつも

”relax!”

火に油です。

ザ・バス

ハワイには鉄道はありません。その代わり、他の州より優れているのはバスシステム。
車が無くても基本的にはどこにでも行けます。

一部観光路線を走るバス以外は車内にはアナウンスもなく、景色を見ながら自分がどこで降りるか判断して呼び鈴を鳴らさなくてはなりません。
だから知らない場所へ行くときはまず運転手に着いたら教えて欲しいと伝えないとたどり着くのはまず不可能です。

一回2ドル(数年前は1ドルだったようですが、どんどん値上がりし今は2ドル)乗り換えは一回までは無料。
2ドルで島の逆側へ行けますが、一駅乗っても2ドル。

定期もありますが、信じられないことに学割は17歳までで大学生以上は学割が適用されないのです。
学生は学生やん!!
納得できないけど自転車がまだなかったので、7月だけ40ドル払って定期を買いました。
この定期も日本の定期とは少し違って「七月の定期」「八月の定期」と月ごとの定期を買います。
つまり、月末に買ってもその月にしか使えません。
しかも、どこからどこまで、という定期ではなく、持っていたらどこでも行けます。

更にこのバスのユニークな点は自転車を乗せるラックがあることで、二台までは乗せることが出来ます。

thebus.jpg


(自転車を乗せたバスは一日数回見るのに、いざ写真を撮ろうと思うとなかなか来ないものですね)
自転車である地点まで行って、バスに乗り、降りてからまた自転車、といった使い方が出来ます。
8月からは、自転車を買ったので、二度ほど利用しました。
でも、ケチな私は基本的に雨であろうと、少々遠かろうと、二ドル払わず自転車で帰ってきてしまいますが。。。

さて、このバス、その名も「The Bus」。
ネーミングセンスが無いと思うのは私だけでしょうか?
なんかダ○ソーに並んでそうですよね。

ピックアップ・ヤプログ

カウンターがすごく回っているので壊れたかな、と思っていたらヤプログのピックアップに載せていただいていました。

こんなに沢山の方に日記を読んでいただく機会があるとは思ってもみなかったので、ただただびっくり。

pickup.jpg


初めましての皆様、いらっしゃいませ。
楽しんでいただけると幸いです♪
そしていつも来てくださっている皆様、いつもありがとうございます。

これからも皆様、どうぞよろしくお願いします!

<追記>
以前、yaplog!を利用しておりました。

台湾風鍋-大晦日

テスト、ペーパー提出終了♪

さて、話は昨年末に戻りますが、大晦日の夜、MKの友人の台湾人の留学生の鍋パーティへお邪魔しました。
「しゃぶしゃぶ」と聞いていたのですが、実際は日本のおでんのような感じで昆布だしに練り製品がたっぷり。そこにかなりスパイシーな中華のタレ(?)をかけて頂きました。
MKのBFはタイ人なのでタイから持ってきた、これまた辛い味噌風味のタレも楽しみました。
これらタレなしでも、昆布の味が良く出ていて美味しかったです。

nabe.jpg


台湾(中国?)のおもちも入っていて(右手前のピンクの皿)、日本のおもちのように伸びたり溶けたりせず、歯ごたえのある変わった食感でした。
多分片栗粉が入っているんだろうな。。
台湾人達の話を聞くと、年末におもちを食べると翌年が健康で過ごせるとか。
そんな事言われなくても美味しかったので、しっかり頂きました。

丸い里芋に見えるのはすべて練り製品。それぞれ牛、豚、魚だそうです。
冷蔵庫に貼ってあるメモに「豚丸」「牛丸」と書いてあったのはきっとこれのことだろう、と思いつつ聞くのを忘れてしまいました。

蒲鉾の盛りつけなどお見事。
こっちに来て大勢(10人)で鍋を囲む事ができるとは思ってもみなかったです。
テレビでニューヨークのカウントダウンを大騒ぎしながら観ながら、日本酒、シャンパンを飲み、その上機嫌なままで神社と花火、と日本の厳かなお正月とはかなり違った過ごし方が出来ました。(酔っぱらっていません、念のため)

皆様、今年もどうぞよろしくお願いします。

大晦日~新年

ハワイと日本の時差は19時間。
日付変更線近くのハワイは地球上でほぼ最後にお正月を迎えますが、世界中の新年の様子をテレビて観ていると、すっかり年が明けた気分になってしまいます。

MKの友人宅で鍋をごちそうになった後、花火を持って公園へ。
他の人たちは行かないと言うので、MKとMKのBFのP、そして私の三人で行くと、小学生くらいの地元の子供達にがやってきて、何かと思ったら口々に「一個くれる?」
一個だけあげたら一斉にこっちへ来るので慌てて場所を変更。
別に凶暴ではなく、あくまで「お願い」してきたのですが、私とPはちょっとびっくり。
NY生活が長いMKは普通に「来ると思った」と言ってました。

終わるとアロハタワーへ行き、10秒前からカウントダウン。

新年と言えば、完全に静まった中、テレビで除夜の鐘を聞くという典型的な日本の新年を過ごしてきた私ですが、米国のお正月は、「一年で一番馬鹿な事をする日」だそうです。
周りの人々はなんだか光るネックレスや、紙で作ったきらきらのシルクハットの様なものや、カチュウシャにA HAPPY NEW YEARなどついたお祭りグッズを頭に付けています。(かなりダサイですが、何しろ新年ですから)

みんなと一緒に大声でカウントダウンをして、新年の瞬間

040107.jpg


花火打ち上げ開始、そして、米国式は近くの人と抱き合い、キス。
普段は未だに慣れないこの文化も、テンションが高いので恥ずかしくなかったです。
後は、花火を観ながら、神社で少々狂いながらも復活したデジカメで写真やビデオを撮り、MKが用意したやかましい笛をビービー鳴らし、お祭り騒ぎして帰ってきました。

花火はそれなりの規模なのに、よく見たら沖合に泊まっている漁船のような小さな船から打ち上げられていました。
「あんなに小さな船だったら危なくないのかな??」なんて言いながら引き上げていると、パトカーと消防車、救急車が相次いで数台連なって入ってきました。
何があったのかは未だに不明です。
花火師が事故に巻き込まれていないといいですが・・

帰り道、MKが「今日(元旦)の予定は?」と聞くので「テスト勉強とペーパー」と答えると、彼女も”me too”。
学生のお正月はそんなものです。

でも、後から聞くと、実際はみんな(私を含め)やる気が起こらずゴロゴロしていたようです。
学生はそんなものです。

私の年末の思ひ出

ハワイでもようやく年が明けました!
お正月明け早々に中間テストとペーパー提出があるので、元旦の私の予定はテスト勉強。
仕方ないですね。。
さて、お正月の様子は後日ご報告しますが、一つだけ・・・
大晦日の夜、MKとMKのボーイフレンドP(タイ人)と、チャイナタウンにある出雲大社の分祀へ行きました。

何しろ年がまだ明けていないので人が居ないのですが、デジカメ(まだ新しい)でビデオを撮っていたPが神社へ入った途端「あれ?あれ?」と言い出しました。
どうしたのかと思ったら、カメラのモニターが、、思いっきり点滅し、

michi.jpg


こんな画面に。。
所々何かがちゃんと写っているのですが(私とか提灯)、基本的にはこの不気味な画面が揺れているだけ。
接触不良か何かだと思うのです。
別に怖がる事ではないのです。

ただ、神社を出た途端直ったのが。。。

皆様本年もどうぞよろしくお願いします。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。