All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参考文献表

テストおよびペーパーの提出期限が迫ってきたので、五月中旬まで更新をお休みさせていただきます。
(コメントにはお返事すると思います)
眠気覚ましに何か書くかもしれませんが。。。

んで早速(?)眠気覚まし。

私の最初のペーパー提出は、、、

今日17:00。
未だに訂正しまくりです。いいのか、私?

こういうのを迫ってきた、とは言わないか。

ペーパーの最後の難関は参考文献一覧のページ作成です。
順番、ピリオド、どこをイタリックにするか、どこを大文字でどこを小文字、といったルールが各種文献によって違います。
(ちなみに指定フォーマットはAPA)

私の学部は非常にフォーマットに厳しいので、毎回マニュアルとにらめっこしながら細心の注意を払いながら仕上げるのですが、今学期からネット上で便利な作成ツールが公開されたのです。
もう、本当に便利。
何も考えなくても、作者名、題名、等々を入力したら自動で作ってくれる夢のようなツール!

文章を訂正したり追加したりして、参考文献がコロコロ変わるので、私はいつも最後の最後に一覧を作ります(ペーパー書きながら、というのが本当はお勧め)

提出日当日だけど、ツールがあるから大丈夫♪
と思ったら、、、そのページが開きません。。。。。

今日始めてたのでいつからこのエラーが出ているか分からないですが、よりにもよって今サーバーダウン???

んなもんですから、泣く泣く30もの参考文献表を自力で作成中です。

(当日にやっていることが間違ってる、っていわないで)

ツールの存在を知らなければ当然だった作業が、知ってしまったばっかりに100倍苦痛に。。
しかも前は覚えていたフォームを完全に忘れたからマニュアル片手に時間がかかるかかる。

便利=退化

いや、
だとしても、やっぱり便利がいい!!

さて。
何とか頭が覚めたので、怠け者の戯言はこの辺りにして、頑張ります。
とほほほ
スポンサーサイト

horsepower

先ほどテレビを見ていたら

・・・・・horsepower

と聞こえました。(食事の準備していたので耳に入ってきた程度)
見てみると車のコマーシャル。

ん???
馬の力???

・・・ああ、馬力か。

馬力ってhorsepowerと言うんですね(私、単語力はないです)。
いや、そのまんまなんだけど。。。
日本語だってそう言うんだけど。。

音読みがある日本語って、そのまんま!という単語を他の単語に置き換えることなく、格式高く(かっこよく)表現できる言語なんだな、なんて菜箸片手にふと思いました。

味覚

お世話になっている人が引っ越しするので、と家にあったものを全部持ってきてくれました。

トイレットペーパーとかゴミ袋とか、本当に助かる物ばかり。
その中にふりかけもありました。

furikakes.jpg


中国で作っているようですが、見た目はまさに日本で売っている典型的なふりかけです。

私はふりかけが好きで、ご飯にふりかけがあるといくらでも食べられます。

久しぶりのふりかけに小躍りした私は、頂いた日に早速ご飯を炊いて、期待を込めて一口。。。。

・・・・う。。

こ、これは、砂糖????
(冗談抜きで一人で吹き出しそうになった)

ハワイの人は「甘い」ものが好きです。
ドレッシングも唐揚げのたれも、彼らのお薦めの物を食べると、大抵かなり「甘い」です。

ピザの上にはパイナップルが乗っています。(全部じゃなくて、ハワイアンピザ、とか分かりやすい名前がついています)
酢豚に入っているのなんて可愛いものです。

でも、炊きたてご飯の上に青のりと海苔とごまのふりかけが、おいしそうにふりかかっているのが「甘い」と誰が想像できるでしょうか??
(できないのは私だけか?)

とりあえず、ご飯を捨てる訳にもいかないので、全部食べたものの、やっぱり食後少々気持ち悪くなり、日本からこっそり持ってきた、友人の父上特製の梅干しを食べて口直しをしたのでした。

ああびっくりした。。。


ところでこのふりかけ、「海苔の香」の下に何故

"NORI FUMI FURIKAKE"

と入っているのかは疑問です。(フミって何?)

<追記>
FUMI=風味とご指摘いただきました(だだ、Jetstream31君、香月ちゃんありがとう)
言われてみたら確かに、、、(考えようともしなかった私)

勉強会

昨日は、日本の友人宅に私の友人達が集合していましたので、Webカメラを通じて私も参加させて貰いました。
一年以上ぶりの人も居て、改めて便利な世の中になったものだとしみじみ。

日本時間の夜はこっちの真夜中。
私が寝るのは大抵3時~4時。

ネット上でオンラインであるのを確かめて、電話するよ~とメッセージを送った上で真夜中の2時3時に電話するのも極めて普通。(もちろん、「元気?」とかではなく、必要がある場合のみですが)

慣れてしまっていて特になんとも思っていなかったのですが、そんな私を見た日本の友人達に「こんなに遅くまで??」と言われて、ああ遅いのか、そうかも。なんて感覚を戻していました。

こっちに来て日本の大学と違うな、と思ったのは、頻繁に勉強会を開くこと。(私が大学生だったのはかなーり前なので今の状況は知りませんが)
みんなでテスト前や、提出物があると集まって一緒に勉強するのです。

更に驚いたことは、みんな自分で作った物を分け合う事。
テスト用にまとめた資料、宿題の解答、お手製ソフトの使い方マニュアルetc結構な労力がかかったであろう物を惜しげもなく分けてくれます。

私、負けず嫌いな上に競争心が激しいので「私の物は私の物」「人の物は私の物」と分け合うのが出来ない心の狭い人間なのですが、さすがに貰ってばかりでは申し訳ないので自信作はメールで分ける事にしました。

いや、これも負けず嫌い故かも。
(私はこんなすごいもの作った~と見せびらかしたい)

「個人主義」のイメージの強いアメリカですが、グループで協力しあうこともあるようです。
ただし、あくまで『自発的』。
「グループ」の意味合いがやっぱりちょっと違いますね。

勉強会も、その科目を得意科目としている人を中心に、みんなの意見を出し合ったり、教え合ったりします。
(勉強会がなかったらとてもついていけないクラスが結構ある)
場所は学校の図書館の自習室だったり、喫茶店だったり、誰かの部屋だったり。

私は1ベッドルーム(ベッドルーム+リビングルーム)の、古い建物ながら結構広い部屋に住んでいます。
立地、広さとも勉強会にはぴったりの環境で、大抵私のリビングにみんな集まって勉強会やミーティングを開きます。
どこかへ出かけたり帰ってくる必要がないので私にはとっても好都合。
(私はこの部屋を見つけたのはものすごく幸運で、友人達はワンルームで立地が悪いのに私より高い家賃を払っています)

働いている人もいるし、別のクラスの勉強会があってその後に集まったりすることもあるので、始まりが20時、終了が夜中1時と言うこともしばしば。
言われてみたら、確かに遅い、か。
やっぱり感覚狂ってきているなあ。

昨日は今日提出の課題があったのでゆっくり話すことが出来ませんでしたが、ネット越しにお久しぶりを言い合ってなかなか貴重な時間でした。
みんなありがとうね~
(みんながDVDを観ているのがカメラ越しに見えていましたが、みんなそろって口がポカンと開いていて笑えました)

でも、久しぶりの100%日本語のみの会話だったので、何だか冴えなくて、私のツッコミがどうも甘かった。。。(ちょっと、かなり?悔しい)

夜道の出来事

昨日授業が終わって自転車で家に帰る途中、何か一人で結構な大声でまくし立てている少々アブナイ感じの男性が前に居ました。
目を合わせないように通り過ぎようと思ったら、無理したら通り抜けられるものの、
微妙に行く手を阻む。

明るい大通りで車の流れは激しく、治安はほぼ問題のない場所とはいえ、あれれ、ちょっとマズイかな、と思った瞬間、彼は私を指さしながら

“You all f○cking guys say I did, but I didn’t!!!! ○△※□”

後半は放送禁止用語ではなく、相手は前歯が殆どないせいか言葉が聞き取れなかったけど、逆らうのはよろしくないと判断して仕方なく

“OK”(アクセントはOに)

あまりに普通に返事したので拍子抜けしたのか相手は一瞬口を閉じましたが、すぐに

“I didn’t kill! Military guys say I did but I didn’t!!!!”

うーん、、殺しとは物騒な。でも

“OK”(アクセントはKに)にっこり。

完全に調子の狂った相手は表情を崩し、

“Oh… you are different, I know you are,・・・・・Just go.”
肩をポン。

“Thanks, take care.”

通り過ぎようとしたら、やっぱりまだ何か言いたいのか

“You know, I……”

“I know, I believe you.”

ようやく肩をすくめて黙った彼を置いて再び自転車を漕ぐ。


何があったか知らないけど、何だか後味の悪い夜でした。

Summer time

先ほど、今後の予定を確認しようとカレンダーを眺めていたら4/3に
Daylight Saving Time Begins
と書かれていました。

私、恥ずかしながら、今まで何故タイムゾーン対応の時計のサマータイムを”DST”と表現するか知りませんでした。。。
今気づいてちょっと感動中でございます。
確かに四月頭なんて全然「夏」じゃないからこの表現の方がぴったりですね。

私は来るまで知りませんでしたが、ハワイにはサマータイムが導入されていません。
(アメリカで導入されていないのはハワイ・インディアナ・アリゾナの三州のみ)
だからカレンダーに書かれているのに今頃気づいても問題がないのです、関係ないから。

ハワイは比較的緯度が低く、昼の時間がそんなに長くないからかな?(もちろん季節によって多少は違いがありますが、日本に比べると私にとっては同じようなもの)

まあ、ハワイだったら、たとえサマータイムが導入されていてそれに気づかなくても普通に生活できそう、、いや、気にしない人はサマータイムが始まったことも終わったことも気づかないし気にしない(確信)。

そして、ただでさえ時間にルーズなのに、時間を守る人が今よりももっと大変な思いをする???

・・・・

導入されないのはこのためだったんだ!(私の勝手な推測です、念のため)

Yami yogurt 日本上陸

以前yami yogurtがあのマークのまま日本に上陸している と書いておりましたが、Michikoちゃんより京都(西院)のお店の写メールを送ってもらいました。
掲載を快諾いただいたので、、、、

yami.jpg


本当にそのまんま!

京都以外にも進出しているのかな?
もしご存じの方がいらっしゃったら教えてください~

彼女の話では沢山の人が食べていたそうです・・・
たしかにコーンがないだけだ、うん。(ないことが問題なんだけど)
あんなマークでも美味しければ、あるいは人気があれば(何しろ"人気No.1")十分お客さんが入る事が証明されたけど、マークのあるなしでお客さんの入り(あるいは食欲)に影響あるのかな?

他の似たような条件の場所であのマークをはずして(あるいはコーンをつけて)出店してみて、集客や売り上げを比べてみたら、ちょっと面白いリサーチになりそう。

ところで、「ハワイ生まれの人気No.1スイーツ」のNo.1はどの辺りが一番なのだろう?
「人気」が一番ってなんとも微妙な表現ですね。
(こっちで行列になっているのは見たことない)

私はマークばっかりに目が行って、見るたびに一人でニヤついておりましたが、「どんな店か」という事は、そういや全く考えたことなかったなあ。

<追記>
大阪梅田にもお店があるそうです(鈴佳、yokoさん情報)
京都のはくりりんさんも見たことがあるそうです。

千葉県にもあるそうです(omfさん情報)。もう全国区?

渋いYu-Gi-Oh

売っているグッズなどからポケモンや遊戯王の人気の高さが伺えるハワイですが、先日初めて遊戯王をテレビで観る機会がありました。
(単にテレビつけたらやってただけ)

ポケモン同様、観たことも読んだ事もなかったのでストーリーはさっぱり分からなかったけど、私がびっくりしたのは声優さんの声。

遊戯王に出てくるのって子供ですよね?

少なくとも私の目にはそう見えます。
なのに、声がオトナなのです。。

主人公が二重人格なのか幼い顔のと、キツイ顔のと居るようで、
(何しろ知らないのでスゴイ説明でごめんなさい)
その幼い顔のでさえ、びっくりするほど落ち着いた声。
(日本版は甲高い可愛い声だろう、と想像しているのですが、違うかな?)
もう一人と入れ替わったら、、もうどう考えても、青年通り越して完全に渋いオジサマ。

こんな子供、とてもイヤだ。

こっちのアニメと言えばバットマンとかスーパーマンとか主人公が「オトナ」あるいは「オジサマ」で、子供が主人公でしかも殆ど子供しか出てこないアニメが日本に比べて少ないのかもしれません。
(しかも見ようによってはカッコイイ子供達がメイン)

日本だと、少年の声を女性の声優を使う事が多いけれど、そういう発想がないのか、日本のアニメにどうしても合わない。
カッコイイ=渋いオトナの声、になっている気が。。

ファインディング・ニモのニモ役は見事でしたが、あれは子役、本物のオトコノコです。

そして子供らしさ、というのを表現するのが下手なのか、豊かな表情をしているキャラクターに比べてとても単調に聞こえます。

ポケモン(数回観たことあり)の時にも思ったのですが、子供の学芸会みたいなのです。
そんなの、おれは、ぜったい、ゆるさないぞ!
とオジサマの渋い声で棒読みしている感じ。

でも、シンプソンズの子供は特に違和感感じないので、日本のアニメのあのウルウルの大きな目の(シンプソンズ等に比べて)リアルなキャラクターには、こっちの人の声がどうしても合わないのかもしれないし、ああいうキャラクターには大人びた声のキャスティングをしてしまうのかもしれない。
(ちなみに女の子の声はどれも色っぽい)

アニメはあくまで「漫画」であって、こっちの声優さんはリアルさを求められていないのかも。
「漫画っぽい声」か「オトナの声」しかないように思えます。

(ピクサーやドリームワークスの作品は皆有名俳優を使うのも、話題性だけでなく、声優より表現がリアルなのかもしれません)

あくまで殆どアニメを観ていない私の独断と偏見ですけどね。

pick-podder

最近pick-podderが増えているらしい。(先週テレビで観ました)

何の事かお分かりでしょうか?pick は盗むという意味があり、podderはi-podを持っている人だそうです。
つまり最近ipodをねらった犯罪(ひったくり)が増えているという事でした。

ipodの魅力はその本体だけでなく、ダウンロードされている曲にもあるので、最近ipodひったくりが後を絶たないとか。

番組で紹介されていた2つの対策は

1.イヤホンを変更する。
たしかにあの白いのは「私、ipod持ってます」と宣伝しているようなものだし、おまけにどこにipodがあるかの分かりやすい道しるべになってしまっていますよね。

2.目立つ所に付けない
こっちでは上腕にipodをつけて歩いている人をかなり見かけます。
ipod armbandで検索かけてみてください。純正以外にいろんな種類があります。
私がよく見かけるのはこんなの。

arms.jpg

(私が見かけるのは走ってる人だけね、念のため。走っている人もウォーキングに近いランニングって感じ。道でアレー持ってたらコワイ)

ハワイのような気候でウォーキングしている人がポケットがなくて腕に付けるのは納得するけど、テレビではどこか冬の場所でコートの上から付けていました。
リフト券じゃないんだから、ポケットでいいやん。。。

あと、鞄やリュックの肩掛けの部分に付けている人も結構見ます。
まさに「ここにipodあり」
おまけにものすごく盗りやすい。

財布より確実に価値のある物が目の前に分かりやすくあれば、犯罪大国アメリカでこういう事件が多発するのにも驚くことではないですが、案外みんな無頓着なんですね。
(ハワイだからかもしれませんが)

シャッフル用バンドもあるみたいだけど(実物は見た事ない)、、、あんな小さいのを上腕に付けるのだろうか??

armshuffle.jpg


うーん。。
(シャッフルじゃなくても腕に付いているのは不自然かもしれないけど、完全に慣れてしまって今は何とも思わない)

そもそも、こっちの人は「小さい」事に日本人ほど魅力を感じないからシャッフルはそんなにウケないかも。
私が見る限り、ミニさえ見かけません。

何しろアメリカで「文庫本」にあたるpocketbookはサイズで言うと日本の普通の本のサイズに近いし、異常に厚い。

日本で出会ったアメリカ人の友人はその巨大な"pockebook"を文字通りコートのポケットに入れて歩いていました。

そんな彼らにとってipodがあれ以上小さくなる必要はないのかもしれません。

話は戻りますが、このアームバンド、改めて見てみると血圧測ってるみたい。
慣れたとはいえ、妙な違和感はそのせいかな?

<追記>
iPodに限らず、音楽を聴きながらジョギングしている人はほぼ全員腕にポータブルを付けています。
走る人には一番都合がいいかもしれませんね。

あわわわ

明日テストなので更新するつもりがなかったのですが、アクセス数が日本時間の4/12だけ(現在日本は17:00過ぎ)ですでに1200以上回っている事態が発生して思いっきり動揺しています。

もしかして失言をして、どこかの掲示板に載ってしまったかと思って慌ててアクセス元確認したら、、、

なんと「面白いサイトを見つけたよ」に「n印」が紹介されているではありませんか?!
どうやって、こんな地味なブログにたどり着かれたのでしょうか??(しかも微妙に古い日記)
もう、とにかくびっくり。
紹介文がなんとも素敵です。(最初は普通に読んでしまっていました)
そして、コメントも素敵です。

遅くなりましたが、初めましての皆様、普通はリンクされている記事を読んで閉じてしまわれる中、このトップまで来てくださってありがとうございます!

ごくごく普通の言いたい放題書いている日記ですが、よろしかったらまたお越し下さいね。

Bless you!

欧米でくしゃみをした人に向かって言う言葉
Bless you!

こっちの人はこれを言わないとどうしても気が済まないのか、くしゃみをしたらかなり高い確率で誰かが言ってくれます。

授業中、スゴイ勢いで話している先生も
「この判例では bless you~ 憲法修正第1項で定めた・・・」
という感じで普通にさりげなく言うし、先生が言わなくても、誰かが教室でくしゃみをしたら、小声でbless you!とどこかから聞こえてきます。

これはもう有名な話ですが、なぜbless youかと言うと、欧米ではくしゃみをすると、その衝撃で、魂が身体から飛び出してしまうと考えられているから。

だから、誰かがくしゃみをすると、魂が抜けてしまわないように“God Bless You!"(神のご加護がありますように)と、声をかける習慣になったけれど、このGodはキリスト教の神に当たるから誰にも言えるようにBless youが一般的です。

英語圏でなくてもヨーロッパ各国で、それぞれの国で似たような言い方があるそうです。

私の感想としては、魂が、というより、完全に習慣化している感じですが。

そして、さすがアメリカ、見知らぬ人へも普通に言います。
コンピュータールームでくしゃみをしたら隣に座っている人は、全く知らない人でもbless you!と言ってくれることが多いです。
最初はギョっとしましたが、すっかり慣れて私も言えるようになりました。
言われたら”Thank you”を忘れずに。

ただし、ちょっと困るのは、くしゃみが連続して出てしまう時。
相手も一回言ったから言わない訳にいかないのか毎回言ってくれて、ちょっと申し訳ないです。

ハクション!(こっちでは achoo!<アチュー>と表現します。ちょっと可愛い)
bless you
thanks

・・・ハクション!
Bless you
Hahaha, Thank you
……の繰り返し。

知り合いだったら笑いながら”Are you OK?”とか入るのですが、何しろ知らない人とはそんなにうち解けていないので、このセットを繰り返していると、少々気まずい。
お互いに笑い出すこともありますけどね。

そういえば、私は花粉症でないので気づかなかったけど、こっちはスギがないからスギ花粉がなく、みんなが一斉にくしゃみしている光景は見かけません。
今年の日本の杉花粉は強烈だそうで、何人かメールで状況を教えてくれました。
車の色が変わるほどヒドイとか、、、

スギ花粉症の人にとってはハワイは天国かも。

春先の日本に旅行した欧米人は、あちこちでくしゃみが聞こえて落ち着かないかもしれませんねえ(魂飛び出しまくり)。

frozen yogurt

先日の日記「n印」のyam yogurtはヨーグルト味のソフト?と質問を受けたので、ちょこっとだけ説明。。

辞書によると、ソフトクリームは和製英語で、本来は soft serve ice cream。
もっともこれを使う人は殆ど居なくて(多分長すぎるから)、大抵 frozen yogurtと言います。

初めてこれを知ったのは問題の1996年のイギリス旅行の時でした。
オランダ航空だったのでオランダ経由、途中オランダのどっかの空港(覚えていない)で乗り継ぎ待ちしている時に見つけたのです
友人がイギリスに留学していたので遊びに行ったのですが、初めての海外旅行("旅行"は初めて)、しかも一人で行ったので、少々ビクビクしながらうろうろして目に入ったのが「フローズンヨーグルト」。

所謂日本の「フローズンヨーグルト」だと信じて、買ったら、ヨーグルトの味など全くせず、完全にバニラのソフトクリームでした。
私、ソフトクリームが嫌いな訳ではないのですが、一つはちょっと多すぎるので、買うとしたら誰かと半分こするか、半分(以上)食べて貰います。

でも、そのときは一人。
よりにもよってソフトクリーム。
知らない人に「残りあげる」なんて言ったら気持ち悪がられるだけなので(別にソフトクリームでなくても不気味だけど)、仕方ないので、一人で全部食べて、頭が痛くなるわ、ちょっと胸焼けするわ、、、懐かしい思い出です(食べ物は残さない主義なので毒でもない限り全部食べます)。

逆にfrozen yogurtを同じ辞書で引いてみると、
「フローズン・ヨーグルト◆乳酸発酵後冷凍したアイスクリーム状のもの」
と決してソフトクリームとは書いていませんが、少なくとも私がオランダで食べたのはソフトクリームでした。

「乳酸発酵後」というあたりから「ヨーグルト」という名前になったのかもしれませんね。
ソフトクリームがそういう作り方なのかどうかは知りませんが。。

そうそう、Michikoちゃんからの情報で、yami yogurt があのマークのまま日本に上陸しているそうです。
トレードマークなら仕方ないかもしれませんが、日本側から異論はなかったのかな?

Am I an alien?

先日のダイビングで「日本人の女の子は宇宙人だよ」とインストラクターが言ってたと書きましたが、英語では

“Japanese girls are all aliens!”

と言っていました。

このエイリアン、というコトバ、どうしても某映画が思い浮かんでしまうので「宇宙人」しかも凶暴でかなりグロテスクな(そしてヨダレを垂らしている)イメージがありますが、他に、在留外国人、よそ者、異質な、などの意味もあるのが、どうしても馴染まない。

上記の台詞はもちろん「宇宙人」の意味合いで使われていますが、訳し方によっては
「日本人の女の子はみんな外国人だよ!」(そりゃそうだ)
としても完全には間違いとは言えない。

そして、この「外国人」という意味合いは結構普通に使われていて、こっちに到着してすぐわたされたのは

alien registration card(外国人登録カード)。

そういう言葉だと分かっていても、何だか宇宙人と一緒にされている気分になってしまい、
“hah~, alien…” 
と思わず鼻で笑ったら大学院の事務員が不思議そうにしていました。

使用方法はalien corporation(外国企業)、alien culture(外国の文化)、alien law(外国人取締法)alien city(見知らぬ町)、alien species(外来種)etc.

頭で理解していても"エイリアン"のイメージがあまりに強いのでどうしても違和感を感じてしまうのは私だけなのかな?

おいおい、外国人は君たちにとって"エイリアン"か?
なんて思ってしまう私はまだまだ英語に親しんでいるとは言えませんね。(卑屈になってる訳ではないよ~)

got leg cramps

昨日はある意味、ハワイに来て一番つらい瞬間に遭遇しました。
それは、、足をつったこと。
大したことない?
大した事あるんです、私にとって昨日のは。

私、足の裏やらふくらはぎはしょっちゅうつるので慣れているのですが、昨日は、生まれて初めて向こう脛がつりました。
最初片足。それでも根性なしの私には結構つらくてソファでうなっていたら、なんと、もう片方も、両足です。

思い当たる原因は、学校まで歩いていった事といつもより寒いこと(Tシャツと短パンですが)。
普段自転車だけど、雨が降っていたのでバス代をけちって約35分、歩いて学校へ行ったのですが、、普段の自転車とは違う筋肉を使ったのかもしれません(帰りは送ってもらいました)。
本当に情けない。

少々興味深いのは、昨日、授業が早く終わったのでテレビを付けたら「義経」の五条橋での弁慶vs義経のシーンがやっていたのです。
夕食の用意をしながらだったのでちゃんと観ていないけど、なんだか妙な合成でかなり笑えました。

そんなことより、義経が弁慶の向こう脛に一撃を加えて、その約一時間後、私の向こう脛に違和感を感じたと思ったらジワジワ痛みが沸いてきたのでした。

いや、全然関係ないのですが、何となく。
(「弁慶の泣き所」の由来はこのシーンだったのですね、知りませんでした。)

正確には、完全につったのではなく、「つりかけ」の状態だったと思うのですが、30分以上、冗談抜きで動けませんでした。
何しろ両足です。
歩けない、立てない、どこをどうしたらいいのか分からない。
ふくらはぎとはまた違った痛み。(それは完全につってないからか?)
そして、こういう状態で30分ってすごく長い。

上半身は自由なのでバタバタ暴れてみましたが、何をしても治まるどころか悪化。
看護婦の友人にどこをのばしたらいいのか、と電話しようとしたけれど、電話機までたどり着けない。

電話に近づこうと、ソファーからなんとか降りたら(落ちたら)そこから動けなくて、両足抱えて床で転がり回、、、りたかったけど、ソファーの前に小さな机があるので、その隙間に挟まっている状態。
挟まった状態で足の角度を色々変えてみたりするけど、効果なし。
ソファーにも戻れない。

脂汗をかきながら(単純に部屋が暑かったのかもしれないけれど)、無意識に息を止めていて、苦しくなって慌てて息をする。

・・・と、一人で部屋の中でどうすることも出来ず、いつ治まるか分からず、非常に惨めで孤独でした。

なのに原因が

「足がつった」あるいは「つりかけ」。


あんなにつらかったのに、なんて軽い、しかも喜劇的なヒビキ。。

<追記>
根性のない私は大げさな書き方をしておりますが、少々(かなり)つらかったものの、所詮「つった」だけなので(だから滑稽)、治まったら後遺症などなく、完治しております。。
ご心配いただいてありがとうございます。

引っ越し完了!

半年お世話になったヤプログ!を突然変更したのは、文字制限に毎回ひっかかるようになったからです。

だらだらとしか文章の書けない私は、2000文字(半角)なんてあっという間で、追記できるとしても、記事の度に新しいウィンドウを開けてもらうのが余り好きではなく、必死にこの文字制限に入るように文章を変えてました。
伝えたいことは縮小されるし時間もかかって、結局面倒になって投稿しなかったりしていたのです。

その点FC2は文字制限なし。容量も1GB、タイムゾーンが選べる、と非常に魅力的だったので、思い立ったら吉日(思い立って5分後に登録した私)、登録した後に、失敗しないように、色々比較した上で引っ越しをすることにしました。

前のブログと主な変更点は以下の通り

■ハワイ時間表記
タイムゾーンが変更できるので、これからこのブログ内の時間は全て標準時間-10時間のハワイ時間で表記されます。
日本との時差は19時間です。(日本の方が早い)
コメント等を書き込んでいただいた時に日付が違う!と思われるかもしれませんが、エラーではありません。
また、過去の日記も日本時間で書いたのをタイムゾーン変更しましたので全てハワイ時間で表記されています。ですから○月○日の日記で、、、と書いてあっても一日ずれている可能性があります。

過去のデータ移行の際、コメントの移行もさせていただきましたが、手作業だった為、日付の変更をすることができませんでした。
○月○日に頂いたコメント、と下に入れました。

<追記>
と思ったのですが、現在、コメント投稿は日本時間になっています。
問い合わせます。。
少なくとも日記の時間表記はハワイ時間です。

<追記2>
どうやら全ての表示がハワイ時間になるようになったようです。

■絵文字
一番残念なのが絵文字が使えない事。
(厳密に言うと使えるのですが、ヤプログ!のように標準装備ではありません)
頂いたコメントには可愛い絵文字がふんだんに使われていたのにそれを移行することができませんでした。
申し訳ございません。
(私は絵文字を使わないので問題ないのですが)

■写真
クリックしたら大きな画像になる「時が」あります。
毎回ではないです。
特に過去の日記はヤプログ!からの移行なので日記に貼ってあるサイズのままです。
今後大きくした方が分かりやすい写真はクリックしてみてください。大きくなるかもしれません。

■コメント
コメントにパスワードを入れると、BBSと同じく書き込んだ後に変更が可能になりました。
また、私だけに届く(公開されない)メッセージを送っていただく事も出来ます。

■秘密の日記
パスワードがないと読めない日記の投稿も可能なようです。
予定はありませんが。

以前の日記もしばらく残しますが、お手数ですがリンクして下さっている方は変更していただければ幸いです。
(バナーも作ってみました。バナーって結構ちっちゃいのね・・・すぐ出来ると思ったら意外に大変だった)

■サーチ
ブログ内のサーチエンジンが出来ました。
過去の日記を検索するのにすごく便利(私が)。

まだまだ変更しないといけないところは沢山あるけれど、ひとまずオープン♪
これからもどうぞよろしくお願いします!

10000hit

皆様本当にありがとう!
この半年ちょっとで合計一万回誰かが、このいい加減な日記を読んでくださっているなんて本当に幸せ。

ページ観覧数は今年に入ってすぐ10000越えていたみたいなのですが、同じ人が次のページを見に行ってくださったり、私が文章変えたり、調整したり、というのも全てカウントされてしまうので全然当てになりません。
一日私だけで30以上カウントしていることもあるはず。

このカウンターの二重カウント防止も簡易なので、実際は同じ人もある程度カウントされてしまうのですが、それでもうれしい♪

アクセス数はもちろん殆ど定期的に読んでくださっている皆様のおかげなのですが、一日5~10ほど(ページ観覧)は各種サーチエンジンから来て下さってるようです。

検索語句は、私がこのブログ上で飼っている犬(John)のアクセス解析で一覧を見ることが出来て、たまに見ると結構楽しい。

「ハワイ語」、「セルフカット 後ろ」、「Tsunami 語源」、「WIN2000からXPへアップグレード」と、もう全然役に立たなくてごめんなさい。

ブログの場合、全然違う日の日記でそれぞれの単語が入っているとヒットするので、
「大学 女子トイレ 汚い」「キャミソールの下 質問」「CANA 皮」
なんてのもあります。
うーん。。何を探しているんだろう?(役に立っていない事だけは確か)

そんな中で、必ずダントツのトップカウント数(ページ閲覧)の検索語句があります。
それは

「ハワイ時間」

「ハワイ」+「時間」
(この二つ合わせて100~150/月)

たまにあるなら分かるのですが、ほぼ毎日いらっしゃるようで、一体何を調べられているのかな。と好奇心が。。
現在のハワイの時間?

私の日記がヒットするのはハワイアンタイムの事を書いたからなのですが、多分これが目的ではないはず。

どなたか「ハワイ時間」の検索で来られた方、もしよろしければ何を調べられているのか教えていただければとてもうれしいです。

そして、今、素敵な検索語句を発見しました。

「タイ  ソーブランド」

これは”タイのソープランド”と言いたかったのか、”ダイソーブランド”(多分これでヒット)と言いたかったのか。
どっちにしてもニアミス、いい感じです。(間違いなく前者でしょう)

鈍感?

昨日「寒さに強い」人が多い話を書きましたが、「寒さ」だけでなく、白人は「冷たさ」にかなり強いような気がします。(冷淡な人でないよ)

逆に「熱さ」(暑さでなく)に弱い。(熱血な人では、、、もういい?)

プールやビーチへ行くといつも思うのですが、Mと泳ぐと、いつも彼女はかなり冷たいプールに平気で飛び込んで冷たいとも言いません。
でもジャグジーに入るのはまるで私が冷たい水の中に入るように、Ohhhhhhhh!!と顔をしかめながらなかなか入ってきません。
最後まで入ることが出来ず、足だけで終わる事もしばしば。
(私にとっては普通のお風呂の水温)

ビーチへ他の白人の友人達と行っても同じく。
海の中に入るのに躊躇するのはアジア人のみ。

先日のピクニックへ行った際、Jが面白がって氷を私の足に乗せたのですが、乗せられると分かっていてもギャアギャア騒いでいた私。
続いて彼女は向こうを向いている鼻輪MOの足に氷を乗せました。
そうしたら彼女はぴくりともせず、普通に肩をたたかれたように振り返り、

“? Oh! Hahahaha!”

以上。
なんだか冷たいな、というレベルのようです。

更に、他の白人の男子学生の後ろから小学生の女の子がTシャツの後ろ(背中)に氷を入れたのです。

背中ですよ????
普通、入れられる事が分かっていても飛び上がりますよね??

しかもTシャツを持ったりせずに隙間めがけて上から落とした感じだったので、入れられた本人は事前に気づいていたとは思えません。

それなのに、彼は氷が背中の真ん中ほどまで落ちた地点で、背中に手を当てて、それが氷であることを確認したら女の子に向かってニヤっとしながら眉をちょっと上げただけ。

まるで石が入ってきたときのような反応。

もう、、、、やっぱり君たちエイリアンだよ。。。。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。