All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I need fat

テスト終了しました。
明日(今日になったけど)は朝から勉強会なので目覚ましなしで、とはいかないけど、今日はベッドで続けて6時間以上寝られるのがうれしい♪

でも、、、、先ほど浮かれてカレンダー見たら来週より提出物(6つ)の締め切りと残りのテスト(5つ)が目白押しで(日本語の使い方を間違っています)、予定を組んでいなかった私はとってもマズイ状況にある事に気づいたのでした。

笑い飛ばしたい所ですが、笑えない状況なので一ヶ月、こちらの更新が滞ってしまうと思います。
息抜きにまたアホな事を書くと思いますので、よかったら覗いてくださいね。

今日くらいはゆっくりしたいので牛乳の話を。

私は毎朝コーンフレークを食べます。
理由、楽だから。安いから。
不足栄養素が摂れるから(これは完全に付加価値)。

それ故、牛乳は一人でも結構な勢いで消費できます。
こちらの牛乳は1リットルのものは余り無く、基本は1ガロン(3.8L)。
最初はその巨大さに驚きましたが今はガロンで買うようになりました(理由、安いから、買いに行くのが面倒だから)。
もちろん半ガロン、1Lも売っています。

この話を友人にしたら、ガロンの牛乳って片手で注げないよね、って言われました。
いや、プルプルもしないけど。。。

そんなガロン牛乳とキャベツや缶詰やらを一気にカゴなし自転車で持って持って帰ってくる時はいつも、我ながらパワフル♪と自画自賛してしまう。

さて、私は基本的には普通の牛乳を買いますが、先日、初めてfat free milkを買ってみたのでした。
単に普通の牛乳が売り切れていたからですが、同じ銘柄なのにガロンの牛乳よりも半ガロン二本の方が安かったので(おかしいでしょ)半ガロンを。

脂肪なし。
スキムミルク。

肥満大国米国、去年、テレビのスキムミルク推奨(?)CMで普通の牛乳一杯はコップ一杯のベーコンと同じ脂肪、低脂肪、fat freeを目隠しして飲み比べたら変わらない、なんてやっていたので、美容の為に(?)試しに買ってみたのでした。

早速食べようと思ったら、お皿に注いだ時の色にぎょっとしました。
水で薄めたのかと疑うくらい薄い(もちろん軽く振ってから注ぎました)。

味は、、まさに水で薄めたような味。

おまけになんか妙に甘い・・何だか乳酸菌っぽい甘さで、砂糖の入っていないカルピスウォーター、って感じ。

JAROに訴えたい気分です(アメリカだから駄目だけど)。

でもこっちの人の味覚は少々違うのでこの違いは分からないのかな???
頑張って昨日飲みきりましたが(こんな時2リットル近くある半ガロンってキツイ)、脂肪を少々摂ってもいい体を維持しなければ(目指さなければ)、と痛感しました。
(今日、友人と話したら、彼らも「水みたい」と言っていたので、この点だけは味覚が一緒のようです。)

私が太ったらそれは無脂肪牛乳がマズイから悪いと言い訳することにしよう。

<追記>

milk.jpg


ガロンってどんなサイズ?って聞かれたので珍しく写真なんてアップ。
手前のはサイズ比較になるかとペンを置いてみましたが、、あまり役に立ってないようです。

ちなみにこれは低脂肪。
またまた「安い」普通の牛乳が切れていたので。。(高いのはある)
無脂肪の後だから低脂肪は濃く感じるかも、と懲りずに買って飲んでみました。
(昨日買って、今朝初めて飲んでみた)
やっぱり薄い。
(こういう冒険をガロン単位でする私はアホですよね~)

私は日本では表面に生クリームの出来る牛乳を飲んでいたのでどうしても薄い牛乳は慣れないみたいです(もちろん全部飲むけどね)
スポンサーサイト

焼き肉打ち上げパーティ (SORABOL)

今週末は金曜と土曜日、授業の時間以外友人R(クラスメイトなので授業も一緒に)が引っ越しをするので朝から深夜(金曜日は2:30AM)まで手伝ってきました。

トラックも借りず、引っ越し屋も頼まず、しかも女だけで新居との間を数十往復(ハワイカイ~マキキ)。

エレベーターのない二階からベッドや家具ももちろん運びました。
ロフト式ベッドを一人で分解するのはかなり緊張しました。
ゴッキーや蜘蛛と戦いながら隅々まで掃除しました。(私は戦えないので見つけたらお願いして戦って貰った)

みんな役に立たない男の人よりずっとパワフルでしたが流石に土曜夜0時半終了時にはクタクタ。
最初は音楽に合わせて歌って踊って作業していたのですが(私は踊ってません)、すっかり大人しくなっていました。
するとR曰く、

「さて、焼き肉食べに行くよ~」

excuse me???
12時間間違えてない??

唖然とする私におかまいなく、段ボールと掃除機の頭の間のわずかな隙間に顔を入れる状態の車に乗って24時間営業の焼き肉屋へ行くことになったのでした。
一年以上ぶりの焼き肉をまさか夜1時からハワイ在住日本人独身女性4人(しかも私以外は全員”超”酒豪。私は人並み。)で食べに行くとは。。。

私以外は皆ハワイに8~12年在住。
ハワイで一番大きな病院のヘッドナース一人。5つ星ホテルのレストランの元アシスタントマネージャー一人(元ナース)、同レストランの元スタッフ一人(来週LAへ引っ越し)、んで最年少の私(肩書きなし)。

思いっきりビール飲んで肉食べて、阿呆な会話で大笑い。
(何度も言いますが、深夜です)

明け方2時半、お店を出て、ご機嫌なまま最後の荷物を部屋に運び入れて3時過ぎ、帰宅。
一応深夜なので、全員ほろ酔いなのにささやき声で話すのが笑えて、そんな自分たちをこそこそ声のまま、ヒーヒー笑い飛ばす。

とてもアヤシイ。

ハワイに長年一人で住んでるとみんなたくましくなるんでしょうか、それともたくましい人しか残らない?

なかなか有意義な週末でしたが、、、やっぱり夜中に肉を山盛り食べると翌日昼近くまでお腹は減らなかったです。
(単に昼まで寝てたからか?)

********************************
今回行ったお店はSORABOL(ソラボール)。
韓国人経営24時間営業の焼き肉屋です。
アラモアナSCの近く、ケアモクst.にあります。
値段は安くはないけど、特別高くもなく(日本で焼き肉を食べるのと同じくらい)、肉は軟らかくて味がしっかり染みてとても美味しくいただきました。
チヂミも具がたっぷりでオススメで、韓国から取り寄せたというレタスはシャキシャキでびっくりするくらい新鮮です。
ここは日本風の定食や寿司もやってますが、行かれる機会があれば韓国料理で♪(=寿司等はあまり美味しくない)
********************************

さて、私は今週末テスト。
以前にこの授業を取った友人達から「一週間丸々暗記に費やしても足りないよ」と言われているのですが。。。
どうも本当の直前にならないとやる気が起こらない私。
十分本当の直前になっているのでアホな事言ってないで真面目に勉強します。

呼び方

会社の人達が来られて新鮮だったもの。
名字で呼ばれたり、名前に「ちゃん」をつけて貰うこと。

もともと、私は日本人代表のような名字であるせいか、名前が二文字であるせいか、態度がでかいせいか(?)比較的名前をそのまま敬称なしで呼ばれる事が多かったのですが、もちろん名字で呼んでくださる方もおられ、自分の名字をこんなに聞いたのはこっちに来て初めてでした。

日本では名前に「さん」をつける、というのは結構有名で、私のことを
“canaサーーン”と呼ぶ友人は何人か居ます。
でも、canaちゃん、あるいは○○(名字)さん、○○(名字)と呼ばれたことがなく、なんだか自分がすごく可愛い子(ちゃんつけてもらうから)に思えて密かに照れてました。(なぐらないで)

また、ホテルに電話するときも「○○(名字)です」、と名乗るのが本当に一年ぶりで懐かしかったです。
(あやうくcanaです、と言いかけて飲み込んだこと数回。)

こちらでは名字を名乗る機会はフルネームが必要な問い合わせ(電話会社等)くらい。
問い合わせするときも、タクシー呼ぶのも、店を予約するのも、もちろんクラスで自己紹介するときも全部名前。

逆にこっちでは私は友人達の名字を殆ど知りません。

でも、日本で同じ事やったら、、、

7時から8人で予約お願いします。
-お名前は?
ハナコです。

タクシー○○前まで来てください。
-お名前は?
タローです。

大学の先生の自宅に電話するときだってもちろん名前。
奥さんに
「フジコですが、オサムお願いします。」
なんて日本で言ったらえらいことになるわなあ。

(先生の呼び名は私は大抵敬称を付けます)

グループワークの難しさ

課題には色々タイプがあり、大きく分けて、個人で課題をこなす、日本でもお馴染みのスタイルと、グループでリサーチやプロジェクトを行うものがあります。
グループワークは、当然チームメンバーに大きく左右されます。

前の学期のグループはとてもスムーズに進みましたが、今回は少々苦戦しています。
メンバーの一人が「私がやる」と討論の余地なくパソコンを占拠して(しかも関係ないけどキーボードは中指打ち)文章を作ってしまい、それが的が外れている。(文章はうまい)

とりあえず、文章にする前にちゃんと話し合ってからにしよう、とごく当たり前の提案をし、なんとか彼女の暴走を避けようとしたのですが。。。
みんなでここはこうしよう、ああしようと議論している時は、話題に付いていけないのか、ため息をつき、鉛筆を転がしながら、声をあげて大あくびと激しい貧乏ゆすり。

もう、何なんですかアナタは!?!? 
What’s wrong with you?????

そんな彼女を含めたメンバーでやるプロジェクトは実際の会社のプロジェクトを担当するのです。
つまり会社へ訪問して相手のニーズを聞き出し、プロジェクトプランを立てて実行する。
私からしたら、至極簡単なプロセスで、ままごとみたいなプロジェクトですが、、、

最初の顧客訪問したとき、また彼女が主導権をとりたがる。
(ある意味大したものです。日本人だったらこうはならない)
でもやっぱり社会経験がないせいか(と信じたい)的はずれなので顧客も返答に困る。

私がなんとか流れを作ろうとしたら、横から入ってきて、訳の分からない方向へ持っていき、自分が話さない時は体が揺れるほどの貧乏揺すり。

更に笑える事に、当然事前に私が質問リストを作ってみんなに回したのですが、他のメンバーはそれをもちろん持参、ノートも持ってきたのに対し、彼女は大きな鞄を持っていながら、それらの何も持ってこず、なんと教科書だけ持ってきていました。
何か違う。
とても違う。
そして私のノートをのぞき込みながら全然流れと違う所の質問を突然してくれていました。

あげくに終わった後、「結局どうしたらいいのか分からなくなってしまった」と。

アンタがかき回すからやんか!!!!
(心の叫びです、もちろん)

でも、実際の社会ってこういうものですよね。
やりにくい人ともやっていかないといけない。
すっかり忘れていました。

いい社会勉強になりそうです。

彼女は非常に親切で、他の授業の事を色々手伝ってくれるし、決して悪い子ではないです。
課題も二ヶ月前に仕上げたりする、多分テストではいい点取ってるであろうタイプ。(私の場合、提出期限15分前~10秒前)
優等生。でも実社会では役立つかどうかは、、、。

でも、ひとつものすごく引っかかるのは、、

私をご存じの方はすでにお気づきかもしれませんが、
彼女の性格の一部(主導権取りたい、おせっかい、他人に完全に任せるのが不安)が

認めたくないけど、
とっても


私に似てる、、、。


・・・人の振り見て我が振り直せ、か。


あ、でも私は自分が話の中心にならなくても平気だし、貧乏揺すり等はしません。
それから、彼女が実践的な事がすごく苦手で理論や定義に基づいた部分が得意なのは、私と正反対。(理論キライ)<必死で違うところ探し中。

実社会で役立つ人間になれるよう努力します。

テロと「正しい」戦争

ここ数日忙しくてしばらくテレビやネットニュースを全く見ていなくて、久しぶりに食事の支度をしながらテレビをつけて初めてロンドンのテロ事件の事を知りました。
私も二度訪れたロンドンの街の映像はあまりに生々しく、もう数日前の映像なので伝える方は淡々としているのに、初めて知る私は呆然と鍋の蓋を持ったまま立ちつくしてしまいました。

アルカイダの関与が指摘されていましたが、今後また「目には目を」の発想を繰り返すのでしょうか。
(大統領を再選させてしまったということは、この国にはそういう思想を多くの人がまだ持っている、あるいは、そんな事よりも保守キリスト教思想やお金持ち経済を最優先させる人々がまだまだ多いということ。そしてそれを手放しで全面支持する首相を掲げる私の母国も然り。)

このループから抜き出せない限り、テロだけでなく、そうして正当化された武力行使によって尊い命が失われ続けてしまう。

一日も早く、本当の平和に少しでも歩み寄り始める日が来る事を切に祈ります。

Fourth of July

昨晩、宿題をやっていたら誰かが近くで花火や爆竹をしている。
また人が周りに居るのに気にせず道路とかでやってるんだろうなあ、迷惑だよなあ、、と思ってると突然

ドーーーン

と随分大きな音がしました。
事故でもあったのかとラナイ(ベランダ)に飛び出して隙間から外を見ると(私のラナイはカバーされて、部屋のようになっています)

independences.jpg


花火です。

その瞬間やっとその日が独立記念日であることに気づきました。
私も月曜日に授業があったら休みになるので気づいたはずですが、ないのですっかり忘れていたのでした。

一年前のこの日、昼間屋上のコインランドリーで洗濯をしていると背中に黒ヒョウのタトゥを入れた若い女の子が入ってきました。
最初はお互いニヤっと笑っただけだったのですが、同じアパートで知り合いの居なかった私は友達になりたいな、と話しかけたら、彼女は同じ大学に通う大学生で、部屋も同じフロアだったのです。
後にハロウィンでバットマンの仮装をしたTとの出会いでした。

しばらくして、Tが部屋をノックして来て
「今晩アラモアナビーチに独立記念日の花火観に行かない?」と。
そのとき初めてその日が独立記念日だと知ったのでした。
まだハワイに来たばかりでクラスメイトともそんなに親しくなかったし、同世代(後ほど10歳年下と判明)の子と出かけた事がなかった私は喜んでOK。

印象的だったのは、花火のあと、レンタルビデオを借りに行ったのですが、彼女はレジの人やしゃべっていた人に
“Happy Independence Day!!”
と言っていた事。

独立記念日がこっちの人にとって特別な日なんだな、という事がよく分かりました。
一般家庭だとご馳走でお祝いしたりするそうです。

そういえば日本だと「~おめでとう」と記念日を祝うのはクリスマスかお正月くらいですよね?
でも、こっちではバレンタイン、イースター、セントパトリックスデー、ハロウィン、感謝祭、、、、と記念日があるごとに”Happy ○○!!”と言い合うのがちょっと新鮮です。

隣に友人が居るのは本当に心強く、お互い何かとあると電話して助けを求めました。
(ワインオープナーがないから貸して欲しい、ソファーを運びだすのを手伝って欲しい、未成年だから酒買えないから隣の売店で買ってきて欲しい、ゴキブリ出たから助けて!等々<どれが私からのお願いかはご想像にお任せします)

ちなみに捨てるはずだったソファーは現在私の居間にあります。
友達が沢山来たら結構便利。

そんな彼女も先日引っ越して行き、このアパートで若い友人は居なくなってしまいました。
今、彼女の荷物を預かっているのであと一回は会えますが、ちょっと寂しいですね。

ラナイで、彼女が捨てると言ったのでもらった椅子に座ってハワイ最大の花火大会を眺めていると、そんな一年が思い出されました。

まあ、年中大音量で音楽を鳴らし続け、いつも洗濯物を乾燥機に放置し、コインランドリーの時間(夜10時まで)は守らず、夜中までラナイでパーティをして酔っぱらって大声で騒ぐ、、、とティーンエイジャーの彼女らは結構な問題児だったのですが、私にはいい友人です。
(このアパートは隣の騒音は殆ど聞こえませんから私には何の問題もない)

車のセキュリティ

昨日一つテストが終わりました。
期末試験以外は先生が勝手に日取りを決められるので、ラッキーだと「中間テスト週間」といのがなく、各週に別れて試験が来ます。
今週は第一弾でした。(この授業は4回テストがあるので二週間後はまたテストですが)

、、、の割にはブログ普通に更新してたやん、って言われそうですが、睡魔をぬぐうのに「勉強でないこと」をするのが一番いいかと、眠気覚ましに書いていたのです。
現に好きな5曲を考えてた時は目が冴え冴え♪絶好調でしたから。

でも、この調子で、と暗記リストに目を戻すと、一時間も経つと瞼が重力に逆らえない。(一時間でも目が覚めるのはとても有り難いけど)
思い切ってベッドで少し寝た方がすっきりするのでは?とは思うものの(そして多分正しい)、何しろそのまま眠りこける危険性があるので、どうしてもベッドへ行く勇気がない。

普段は重くて邪魔なだけな1500ページ以上ある教科書は、枕にするには丁度良すぎて気づいたらウトウト、飛び起きる、という繰り返し。

こういうとき、普段は迷惑な物がちょっとだけ役に立ちます。

こちらの車はよっぽどボロ(バンパーがなかったり、フロントガラスが割れていたり、走るとカランコロン鳴る車)でないかぎり、アラームがついています。
日本でも付いている車があるけど、こっちは付いているのが当たり前。
誰かが触ったら音がなる仕組みなのですが、このアラーム、とても敏感です。
トラックが横を通ったらかなり高い確率でビービー鳴るし、強風が吹いてもピーポー鳴る。
昼間はまだいいけど夜中、ただただ迷惑。

でも、机で居眠りしている時は、とりあえず一瞬でも起こしてくれるので助かりました。

このアラーム、原付にも付いている事が多いです。
自転車でどこでも行く私は、自転車置き場で隣にある原付に触れてしまってピロロロロ~と鳴らしてしまった事が数回あります。
盗難防止アラームですから、、とにかくとっても音が大きい。
どうしようもなく恥ずかしいです。

ちなみにこっちでは
自転車はbike
原付はmoped
バイクはmotorbikeかmotorcycle
と言う事が多いです。

今でこそ慣れましたが、最初は自転車のことbicycle(通じるがあまり使われない)、日本に居たときと同じ感覚でバイクの事をbikeと表現して(決して間違ってはいない)、会話がかみ合わない事が何度かありました。

こういうお互い何かがおかしいと思いながら続ける会話から、何かの拍子にそのおかしい原因ははっきりした瞬間が私は結構好きです。

例えそれが私の発音が悪く、天井に馬がいると勘違いされていたと判明したときであっても。

Musical Baton

オーストラリアでnannyをしているKumiちゃんがMusical Batonをまわしてくれました。

これ、何だろう、と思ったら以下の5つの質問に答えて回していくもので、発祥は海外みたいです。

1. Total volume of music files on my computer
2. Song playing right now
3. The last CD I bought
4. Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
5. Five people to whom I'm passing the baton

ちょっとチェーンメールっぽいけど、面白そうな内容なので答えてみたのですが、、私、音楽詳しくないんですよね~。(好きだけど)
好きな曲の題名も歌っている人も知らない事がよくあるくらい。
なので、分かる範囲でお答えします。

でも、、自分の好きな音楽を公開するのってかなり恥ずかしいです。
(もともとそういう会話をあまりしない方だから尚更)

なんとなくこっそり(?)公開。

続きを読む »

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。