All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ開設一周年

日記を書き始めたのは確か去年の八月の終わりだったなあ、と見返してみると、8/29でした。

おおもうすぐ、、って昨日やん。(曜日感覚はあっても日にち感覚がない)

元々は友人達にメールで近況報告をするのに、誰に何を話したか分からなくなってしまって、それならWeb上で公開しちゃえ、と始めたのでした。
誰も読んでくれなかったらどうしよう、と思ったけれど、皆様お忙しいのに来ていただいて、その上日本だけでなく、世界中、色んな国にお住まいの方々とお友達になれたのはうれしい驚きでした。

一周年



もう一年、というよりやっと一年。
こう思える私はまだ若い?

三日坊主の私がここまで続けられたのは皆様に足を運んでいただいたおかげです。
本当に有難うございました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

<追記>
気づいたら30000hit越えていました(指摘されるまで気づかなかった・・・)本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

プロフィール

サイドバーを出来るだけシンプルにする為、プロフィールを別に作ってみました。

続きを読む »

王将coming soon

先日Mの卒業式の後、アラモアナSC中にあるMaiTai Barでパーティがあったのですが、そこのダンススペースから見えたのがこの案内。

ohsho1

滅多に持ち歩かないカメラですが、卒業式だったので持ち歩いていました。

先日王将の餃子を食べたい!!と言っていた矢先だったので驚いた私は、上機嫌のM達と大笑いしながら踊りながら目は看板(?)に釘付け。

でもよく見ると、

ohsho2.jpg

何なんでしょう、この「楷書体」って?
看板を注文したときに、「ここは楷書体でお願いします」と頼んだ注意書きで、途中から日本語が読めない人達が制作した為にそのまま意味も分からず、くっつけたのだろうか?
(ちゃんと楷書体ではある)

まあ、そんなことは味に関係ないので、とにかく、楽しみです。
値段は日本並みに安いといいな(高い王将は王将でない)。

ちなみにハワイにないと思っていたけれど、既にワイキキに王将はあるそうです。

Madagascar

今日は友人と1ドル映画館でMadagascarを観てきました(もちろん50セントの時間帯です)。
中途半端なシャークテイルに比べ、ストーリーもなかなか良かったし、何よりCGが見事でした。
フサフサの毛並みは触りたくなるくらい精巧で、それだけでも観る価値あり。

ただ、アニメを観るときいつも後悔するのが、声優の名前を調べて行かなかったこと。
1ドル映画館の場合、「どうしてもこれが観たかった!」という情熱を持って観に行っている訳ではないので、殆どどんな映画か前情報なく観てしまいます。
(会場着いてから決める事もある)
大抵それで満足するのですが、アニメの場合、特徴のある声があると「この声知ってる」と思うものの答えが出ず、気になって映画が楽しめないのです。

今回はフレンズのロス役のDavid Schwimmerはすぐ分かったものの、それより遙かに特徴のあるChris Rockは何故かどうしても誰か思い出せず、でも聞き覚えがあるので、思い出すまで映画の半分以上、誰だ誰だと悩んで費やしてしまったのでした。

映画館前のポスターをちゃんと見ていれば分かるのですが、普通の映画のように遠目からポスターや予告を観たら誰が出ているか分からない。

あと、どうしても「アニメは声優」というイメージがあって映画俳優が声を出している事を忘れてしまう、というのもあります。

各俳優に似せてちょっと細工がしてあることが結構あるらしく、最初から知っていれば悩む事なく、違った楽しみも出来たのに。

次はちゃんとポスターで誰が出演しているか確認してからにしよう。
(当たり前か)

一歳児の食事情

先日のSunken Islandへのクルージングに連れて行ってくれた、友人の友人夫妻は1歳になったばかりの男の子と一緒だったのですが、クリクリの金髪に青い目で本当に可愛い。

最初の数分は恥ずかしがって母親にくっついていましたが、すぐに私に懐いてくれたので、うれしがってずっと一緒に遊んでいました。
両親が泳ぎに行ってしまってもおかまいなし。
ちなみに私の友人には懐かず、手を伸ばしただけで泣いてました。
何を基準に赤ん坊って人を判断するんだろう?

ただ、私が気になったのは、思いっきり揚げてあって油がしみこんだジャンクフードの典型みたいなスナックや、チョコレート入りの甘―いシリアルを固めたバーをどんどん与えているのです。
そしてこの子も食べる食べる。

私は当然子供が居ないので分からないのですが、13ヵ月の子供にスナック菓子を与えるものなんでしょうか?

アメリカの肥満事情をこの辺りにも原因があるのかな?
もちろん他のアメリカ人の子供は知らないけれど。
(この子の両親は決して肥満ではありません。特に母親は双子を妊娠中だけど、ビキニになっても後ろ姿からは分からない)
それとも普通?

ちなみにこの子は人にお菓子をあげるのも好きなようで、飲み込む暇がないくらいのペースで私の口にスナックを運び入れて(押し込んで?)くれてました。

餌やり中

ずっと一緒にいたら私も太りそうだ。。

baby

The BabyとそのDaddy
まるでビーチに居るような写真ですが、陸からは見えないくらい沖に来ています。

どうか肥満児になりませんように・・・

Sunken Island

先日のノースショアのお別れ会をした友人がクルージングに出かけたいから一緒に行こうと言われ、行ってきました。

行き先はSunken Island(沈没島?)。
殆ど知られていない場所で、一般ツアーは組まれていないので自分で船で行くしかありません。
場所はChinaman’s Hat(島の名前。中国帽に似ているから)すぐ近く。

陸から眺めるのには有名なこの島の周りには白い砂に覆われた島が沈んでいて(あるいはChinaman’s Hatの続き?詳しいことは分かりません。何しろ殆ど知られていないので情報もない)沖であるにもかかわらず、膝丈くらいの深さを保っています。
遠くから見たら色のコントラストが本当にキレイ。

石垣島の沖に「幻の島」という同じ潮が引いたら現れる三日月型の島がありますが、これは水面までは出てこないものの、同じくらい美しいです。

膝丈から腰丈でサラサラの砂なので、パシャパシャ泳ぎながら、ぼーっと過ごすには最適です。
私たち以外に人は殆どいないし、何より遠くに陸が見えている海の真ん中に立っているというのは不思議な感覚です。
chinamans.jpg

Chinaman’s hatの手前の色が薄くなっている部分が島が沈んでいる場所。
写真ではわかりにくいですが、奥行きもあり、かなり広範囲に渡って浅くなっています。
本当にキレイなのですが、写真ではうまく写っていないですね。。

さて、船から下りるのは飛び降りたらいいだけだったのですが、ハシゴがない後方部から船に戻るには胸くらいの高さがあるので勢いをつけて登らないといけませんでした。

私は普通に何の問題もなく登れた(?)のですが、私の友人は、私よりも10センチも身長が高いにもかかわらず、何度挑戦しても結局登れず、前方のハシゴを利用していました。
何故わざわざこんな事書くかと言うと、彼女、アメリカ軍の中でもっとも肉体的に厳しいとされる海軍に所属しているのです。

こんなのでいいのか?米軍???
私は決して運動神経がいい方ではないのに、そんな私に劣る兵士って大丈夫なんだろうか?

彼女は内勤であるにしても、入隊するときに体力テストはあるし、現在でも週に最低3回はトレーニング(水泳)しているはずだしおまけに海軍。

自称泳ぎが得意な彼女は、一分も泳いだら(すごくゆっくり)ゼーゼー、ブハブハ言ってました。
そして私とビーチに泳ぎに行った次の日は疲れて一日中寝てた、と言ってました。
(同量泳いだ私はちょっとの筋肉痛で済みましたが)
そういうのを「得意」とは言わないと思う、少なくとも私は。

軍隊の人達はとりあえず体力と筋力だけはある、と信じていたので、登って来られない彼女を上から体力がない上に筋力もないのか?と唖然として眺めてしまいました。
(殆ど上がってこないので私は何も手伝えない)

彼女はいかにトレーニングが大変かいつも力説し、しかも、空軍なんて体力のないbabyよ、と言ってましたが。
これより劣るってことは、、そりゃbabyだわなあ。

まあ、「謙遜」とか「遠慮」という文化が薄い国ですからね~。

North Shore --Sunset beach

先日、クラスメイトがハワイを発つのでお別れ会としてノースショアのSunset beachに行ってきました。
ノースショアはその名の通りオアフ島の北にあり、冬はサーフィンのメッカですが、夏は波がない為、ホノルルから遠いこの場所は観光客も少なく静かな町です。

Sunset beachは、ビーチの名前でなく(サンセットビーチというビーチはある)各ビーチで年一回行われるお祭りで、出店がでて映画やちょっとした遊園地(本当にちょっとした)のようなものが出張してきます。
ワイキキでもあるそうですが、何しろすごい人なので私は行こうと思ったことさえありませんでしたが、流石ノース、ほどほどの人出で、丁度よかった。

ガラガラのビーチで、まず驚くのは水の透明度。
当たり前だけどアラモアナやワイキキと透明度が比べ物になりません。
どこまで泳いでも底が見える。
おかげで足がこんがり焼けました、、とほほほ。

ちなみに冬は波が高いので底の砂を巻き上げて水はかなり濁っているらしく、夏はみんなわざわざここまで来ないので、水が透明で人がいないノースショアのビーチは不思議な感じだとロコの友人が言ってました。

そして、sunset
ホノルルでは人工物(電線や建物、人)を外した写真が撮りにくいけど、ここにはそんなものないので、この通り。
sunset1

絶景。(ちょっと人が入ってますけれど)

日が落ちても、こんなにキレイ。
sunset2

この日の夜の野外映画は「シャークテイル」だったのですが、うーん。。。
感想はそれなりに笑えるけど、ベジタリアンのサメが可愛かった、くらいかな?タダだから満足ですが。
ノースショアはサメをオリの中に入って鑑賞するツアーがあるので、サメに関する映画を選んだみたいです。

でも何より夜空が最高でした。
いかに2.0の視力を誇る私でもホノルルでは星は殆ど見えません。

このノースショアとホノルルをつなぐ道路は非常に暗いので、事故が多発し、外灯をつける事になったのですが、住民が反対して中止になったそうです。
ここに住んでいる人は皆、この静かで満天の星が好きでここに住んでいるんだから、それを我々から奪わないで欲しい、と。

ホノルルの人達は皆(私の友人達を含め)、危ないのに、ここの人は何故分からないんだ??と言いますが、私は賛成します。

環境後進国アメリカ、そしてその中でも際立つリサイクル後進州ハワイ。
私がこの地にいつまでも抵抗を感じる最大の理由はそこにあるのですが、夜空を大切にする心が住民にあるなら、少しは未来を期待できるかもしれません。

飲んだ後は

テスト終わりました!!
今日から二週間の夏休みです。幸せ~

さて、先日、友人の送別会で私の部屋で飲んだあと、突然友人(日本人)がラーメン食べたいと言いだし、調子に乗った私がと冷凍してあった麺と適当にスープを作ったのでした。
かなり美味しく出来たと思ったのですが、次の朝残ったスープを味見したら、ギョッとするくらい塩味が強くて、この塩味を美味しいと思っていたという事実が、私が酔っぱらっていた立派な証拠になったのでした。

しかも、付属のスープと適当に調味料しか使っていないつもりだったのに、ネギ、白菜、タマネギ、わかめ、コーン、卵が入っていました。
酔っぱらってこれだけの材料を使ったのか、私。。。(使ったような気もするけどはっきり覚えていない)
塩味は強いけど、そりゃ美味しいはずだ。

私は飲んで酔うと必ず濃いラーメンが欲しくなるのですが(デブ街道一直線)、こちらの人はあまりそういう発想がないそうです。

それどころか、その友人曰く、
「こっちの人は信じられない事に、飲んで酔った〆に24時間営業のファミレスにホットケーキ食べに行くんだよ」

。。。。

ホットケーキってこうやって朝の光を浴びながらテラスで食べるものですよね??
(家の中でも食べるけど)

hotcake

(これはMとたまに朝ご飯を食べに行くワイキキのBuzz's Steak & Lobster。お店の雰囲気はいいけど、ごくごくフツーのホットケーキです。)

こんな健康的な朝食の王様を飲んだ後に食べたら、、、一気に酔いが醒めそうだ。

いや、絶対醒める。

食べ過ぎの貧乏学生

先日の一ヶ月100ドル生活で尚更ご心配をおかけしてしまったみたいで。。

生活費だけ見たら、悲惨な生活をしているように見えるかもしれませんが、実は私は非常に贅沢している部分があります。
それは住居費。

アメリカの映画やドラマを観られるとお気づきかもしれませんが、こちらの人は普通にルームメイトと暮らします。
40近いちゃんとした仕事をしている(軍、医者等)独身男性同士(ともにストレート)が普通に一緒に暮らしたりしているのです。
収入もいいと高級マンションに数人で暮らす。(普通に男女混合で)
それだけ払うなら余裕で一人で立派な所に住めるやん、、と思うけど発想が違うみたい。

私は一緒に住むことで友達を失いたくないし、ストレスを溜めたくない。
で、こだわったのが「一人暮らし」。
ホノルルは現在どんどん不動産が値上がりしていて、一人で住むのは限りなく不経済なのですが、そこは譲れません。
だから工夫でどうにかなる食費を節約することになったのです。

もう一つ必須条件が、セキュリティー付きの建物。
建物に入るのに専用のキー(複製不能)が必要な物件に限ったのです。

一人でセキュリティ付きの1ベッドルーム(リビング+ベッドルーム)に住む貧乏学生、というのはこっちではちょっと不自然ですね。
こんな広い部屋(普通のアパートですが一人で住むには贅沢)に一人で住まずに、ルームメイト見つけたらもっと贅沢できるのに!とみんなに言われますが、絶対イヤ。

何より、決してひもじい思いはしておらず、どちらかというと食べ過ぎ気味なのです。

ご存じの方は多いと思いますが、私は世間一般のお嬢さんに比べてよく食べます。

ご飯は一合では足りません。
だから土鍋(一合)で炊く時はおかずが多いときで、丼などにするときは使えません。
スパゲッティは一食300gくらい。(三人分?もちろん理性を効かせてこれより少ない事もありますが)
二重炭水化物は当たり前なので、うどん、ラーメン、等麺類は、基本的にご飯類とかお餅を追加。

スパゲッティは1袋(500g)50セントの時しか買わないし、米は20ポンド(10キロ弱)5ドルなのでいくら食べても安く済ませる事が可能なのです。

ね?
食べてるでしょう?
だから大丈夫♪

日本食の宝庫

先日の日記で食べたい物を無節操に並べたので、ハワイでは日本食が食べられないような印象を与えてしまったみたいで反省。

ハワイは他の州に比べて遙かに日本食材料が豊富で、その気になれば何でも手に入ります。
世界中でこんなに日本食材がそろっていて、それなりに安い値段で手に入る場所は少ないと思う。
美味しい居酒屋もあるみたいです(行ったことはないけど)。

ただ、問題は私が生活費を100ドルに抑えている事。

私は一日3食絶対必要です。
つまり一食1ドル。(朝食は安くできるので夕食は2ドル弱)
さらに困ったことに私はアメリカ人もびっくりの大食いなので、尚更質より量。
外食どころか水一本買いません。
水一本が一食分の食費になりますからね。
私にとってはMcDonaldのハンバーガーだって立派に外食で贅沢品なのです。

普通の値段の物を買ってたら予算オーバーなので「超」特価のものしか口にしておらず、先日私が「高くて、、」と書いてあるのも普通の人にとっては全然高いものでないはずです。

100ドルは固定費以外の生活費なので、たまに買う服や靴もこの範囲内から。
みんな信じてもらえないですが、自炊してて、その気になればやっていけるものですよ♪

工夫次第でそれなりに美味しい物を飽きないように食べているし、こっちに来てから病気してないので健康そのもので栄養の偏りもあまりない、はず。
(例えば、スパゲッティが一袋50セントの時に買い込んでおいて常に20個くらいストック。調味料を豊富にそろえるetc)

ただ、一回食べたいな、と思うと優先順位のトップが常に「食べ物」である私はそのことばかり考えてしまって、たまに欲求不満が爆発しそうになるのでした。

私は元気です。
ご心配おかけしてすみません。

恋しい食べ物

こちらに来て一年。
家賃、電話代等の固定費以外の出費を毎月100ドルに抑えていると、当然食事のレパートリーがどうしても限られます。

普段は別に慣れてなんとも思わないのですが、「~食べた」というメールを受けたり、食べ物の写真を見たりすると、食べ物への執着が異常に強い私は食べていないものへの欲求不満が爆発しそうになります。

ハワイに来てから食べていない物で、食べたい物をリストアップ

生レバ、生牡蠣、たらこ、明太子、白子、蟹味噌、蛸わさ、お刺身、普通に美味しい寿司、マグロの山芋かけ、塩辛、トントロ、カツ丼、鶏の軟骨の唐揚げ、イカめし、サンマの塩焼き、鯖のみそ煮、タコの酢の物、美味しいざるそば、美味しい卵、粕汁、生卵を使う料理、豆腐ヨウ、ジーマミー豆腐、マッシュルーム以外のキノコ類、王将の餃子、美味しいラーメン

上記殆どの素材や材料は手に入るけど、高い、あるいは美味しくない。
でも生レバと生牡蠣はお値段以前によっぽど新鮮じゃないと無理だし(日本でも同じだけど)、生卵もこっちではやめた方がいいと聞いて怖くて食べられません。
(大丈夫と言う友達も居るけど、日本に居たときは産卵後一週間以内の卵しか買わなかったから。。こわい)
カルボナーラすら作れない。。
王将の餃子は多分ないだろうな。

揚げ物は何かあったら怖いのと、油の処理が大変なのでこっちに来てから一回していないのでカツ丼も作れない。
天ぷらとかトンカツはそれほど食べたいと思わないけど(食べたい事は食べたい)、カツ丼はものすごく食べたい。

別に欲求不満が爆発したところで何が起こるわけでもないんだけどね。
美味しい物食べたい。
居酒屋メニューが恋しい。

ただのワガママ日記でした。

<追記>
王将はワイキキにあるそうです。
アラモアナにも来るみたい

叩けば分かる?

今私が住んでいる所は24時間絶え間なく車が目の前の大通りを通っていきます。

関西の田舎出身の私としては、未だにこの常に音がある状態が好きになれませんが、そんなことを言っていたら暮らしていけないので音に関してはかなり慣れました。

ところが、昨日、テスト数時間前。

私の勉強机は壁を向いているのですが、まさにその壁を隣の部屋(オーナーが変わってー、現在リフォーム中。もちろん大工の仕事)がドリルか何かで工事し始めたのです。

ものすごい音です。
ちょっとうるさい、というレベルでなく、耳をふさがないといけないくらいで、頭にも響く。

普段だったら「うるさい」とイライラするだけか、買い物に行ったりしていたかもしれないけど、昨日は切羽詰まっていて、10秒でキレました(はや)。
なにしろ頭を振ったら中身が抜ける、という状態な上、まだまだ暗記事項が山積み状態なので必死です。
(もっと早くに準備しろ、と言う言葉はもう十分私が自分に言いました)

普通、日本だったら隣が工事するとき、挨拶に来ますよね?
そしてましてや隣り合った壁を工事する日程を言いますよね?(アパート暮らしをしたことがないので何とも言えませんが)

別に普通の工事はかまわないけれ、隣接している壁の工事の時くらいちゃんと断りに来い!!

と裸足で部屋を飛び出して(廊下はカーペット)隣をノックするものの、おそらくドリルで何も聞こえていないようで応答なし。
(うちは建物自体に入るのに複製不能の専用キーが必要なので各部屋には呼び鈴は付いていません。自分でつける人はいますが、基本的にはノック。これ、静かにしてても全然聞こえない)

腹の虫が治まらない私は、まったく集中できず、ついに両手でその壁を思いっきりバンっ!!とたたいたのでした

そうしたら、びっくりすることにピタッ。

あまりにすんなりおさまったので、偶然?とも思ったのですが、その数秒後、控えめにドドドドとまた始めたので、もう一回バン!

偶然終わったばかりだったのかもしれないけれど、少なくとも私が家を出るまでは一度も壁のドリル音は聞こえませんでした。

大工さんがこんなに簡単に止めてくれるとは思ってもみなかったのでびっくり。
苦情が出るのはこちらでは問題なのかな?

それなら最初から断りに来たらいいのに。
まあ、来られて、「いいですよ~」と予定考えずに言ってしまって、文句言えなくなるよりいいか。

何事も主張してみるものですね~(私は少々しすぎですが)

勉強机


ちょっと部屋をご紹介。
これが私の机。
机が欲しい、と言ったら大家さんが、広告を持ってきて「ここが安い」と連れて行ってくれて、一番安いのを選んだら(自分で買うつもりだったから)買ってくれたもの。
高くて使いにくいのでキーボード(中古)を買いました。
左の棚を買ったばかりの時の写真。
今は本が入っています。

<追記>
友人に「たこ足?」と聞かれたので、、
実際に電源のケーブルはスタンドとPCだけで後は、マウス、キーボード、DSLのイーサネットケーブル等です。
なので一応安全。
言われてみたら、、たしかにゴチャゴチャしてますよね・・・
このケーブル類が足に当たる度に「虫??」と最初の頃びびってましたが、いまではケーブルと分かっているので落ち着いたものです♪(?)

LOL

お久しぶりです。
真面目に勉強する、と言いながら友人の送別パーティで調子に乗って酔っぱらったりしている私です。

さて、先ほど友人とチャットで宿題の答え合わせしていたのですが、そこの会話でよく出てくるのが
LOL
あるいは
lol
たとえば
We were sooooo stupid!!! lol
って感じで使われるのです。
メールでも良く出てくるこの表現、私は顔文字だと信じてこう解釈していました。(下手な絵ですみません)

ムンク


そう見えますよね?
私だけでないですよね????
そして使われ方を見ていると、この顔を当てはめるとぴったりなのです。

でも、先ほど友人に聞いたら、これは

laugh out loud


つまり日本語で言うと

(笑)

にあたる言葉(?)だったのです。
どちらかと言うと
(爆)
の方が近いかも。

いやはや、、、
ハワイに来て一年。
勘違いし続けていたものがはっきりして思わず感動して日記(絵まで)書いてしまいました。

友人曰く
「canaがそんなこと言うから、これ見たらあの顔が思い浮かんでしまうようになってしまった」
いっそのこと広めようか?

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。