All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲の上

帰ってきてすぐ学校が始まったのですが、最初のクラスというのは大抵宿題がないものと甘く見ていたらすべてのクラスでしっかりと出してくれたので少々バテ気味です。
まあ、学生なので当然なのですが。。
バタバタしていて、日本でお世話になった方々へメールさえできていません。
とりあえず、この場で元気であるとご報告を。

帰りの飛行機は窓際、しかも生まれて初めて隣に誰もいない空いた飛行機でした。
上空からのハワイはさぞかし美しかろう!と楽しみにしていたら、、、雨。
どんよりとした色をしておりました。

空港まで迎えに来てくれた友人曰く「昨日までは冬とは思えない晴天続きだったんだけどね」
そうですか。
どこへ行っても変な天気を持ち込むのは私ですか。
(元々晴れ女って言われてたんだけどなあ)

雨なので上空はしっかり雲に覆われ、それはそれで綺麗でした。

夜明け前の太平洋と日の出後の太平洋。

窓から写真撮っていたのは私だけ。こんなに綺麗なのにね。


文明の利器の力を借りないと絶対見られない光景、みんな暇そうに雑誌読んだり映画観たりしているなか、一人で窓にかじりついていました。
まるで初飛行機のように見えたでしょうね。
スポンサーサイト

ハワイに帰ってきました

ちょっとギリギリになってしまって、
関空で搭乗口まで全速力で走る羽目になりましたが、
シャトルもどこも誰もいなくてメチャクチャ焦りましたが、
搭乗口で私を遠くから確認した係員に「ワタナベ様ですか?」と聞かれ、後に『ワタナベ様』は男性と判明しましたが、、、

無事ハワイに帰ってきています。

吹雪いていた実家から、大雨のハワイへ。
似た天気というのかな?

皆様、コメント、メールありがとうございました。
後ほどお返事します。
私は元気です。

ハワイと日本のささやかな違い

今回の帰国で私が寒さ以外で今、ハワイの生活で違うこと

靴下と靴を履く(ハワイでは、センチュリーライド参加と領事館でアルバイトをしたときの二回のみ)
運動不足(そもそもスキーするはずだったんだけど)
ガムを噛むと寒い
汗をかかない
三枚以上服を重ね着する
周りがみんな関西弁
水がカルキ臭い(私の実家は水は綺麗なはずなのですが)
右側通行の車が怖い
牛乳パックが小さい
傘をさす(ハワイでは一度もさしたことがありません)
「もしもし」と電話に出ないといけない(当たり前)
道行く人と目が合って笑うと変な顔される(アメリカでは知らない人同士がにっこりし合ったり、普通に"hi"と言い合います)
お風呂が深くてちょっと怖い

そして、
5000円札がやっぱり怖い。
すごく怖い。

わずか一年半ですでにカルチャーショックを受ける自分がびっくりです。

それより今週末も今度は大雪でスキーが出来ない可能性が高く大ショック。
帰国の第一目的未だ達成できず、です。

更に、少々2キロ弱増量してしまったみたいです。
あかんやん、私。

無事帰ってきています

皆様、コメントありがとうございます。
無事帰国しております。

実は帰ってきた翌日にスキーに行く予定をしていたのですが、雪崩が怖くてキャンセルしました。
私が帰ってきた途端暖かくなって、われながら本当にタイミングが悪い。
こんなに日ごろの行いがいいのに。

コメント、返事はハワイに戻ってからになると思います。。申し訳ございません。
でも、読ませていただいています。
ありがとうございます。

いってきます?

昨日は友人の卒業式でした。
こっちの卒業式は日本の「涙」のイメージと全く正反対で大騒ぎの日なのですが、、、それについてはハワイに戻ってからゆっくり書きます。

大騒ぎの日なので調子に乗って朝の7時まで友人宅で飲んでいたおかげ(単に夜中に自転車で帰る勇気がなくて、明るくなるまで待っていた)で準備が間に合わないかと焦りましたが、無事完了。
遅い時間の便でよかった。
寝てないので、飛行機の中で爆睡できるでしょう。

友人の友人が搭乗前日泥酔して、飛行機に乗せてもらえなかった話を聞いたので、とりあえずガムを持参して、帰ります~
(彼は実際にまだ「酔って」いたようですが)

"2 for $○" VS "Buy one and get one free"

昨日
「二つで3ドルは一つ1.5ドルの意味」
「本当に二つで○ドルの場合は一個買ったらもう一つタダ、と表記」
と書きましたが、実際にチラシでもこんな感じ。

このページ全部こんな感じです


これはSafeway のチラシですが、見事に2つでいくら、と並んでいるのが分かると思います。

そしてその隣には「buy one and get one free」。
私からしたら一緒なのですが、こっちでは違う意味なんですね~

ちなみにこれ。

8本って中途半端


実際に一本だけ買ったら1/8の値段になるかどうかは分かりませんが、多分そうでしょう。

こっちの人ってとりあえずたくさんあればお得感が増すから、8本買っていくのかな?

それとも計算苦手な人が多いから、ぱっと見、一本いくらか分からなくしているのかな?

一時帰国

突然ですが、明日より10日ほど一時帰国します。

今回の帰国で最大の問題は服。
冬服は冷房対策用のフリース一枚のみしかないので、仕方なく買ってきました。
ハワイはコート等は全く必要のない場所ですが、島から出る人用に一応冬服も売っています。
端っこにちょっとあるだけですが。

Tシャツを着て冬服を選ぶのはなんだか変な感じでしたが、とりあえず完全ではないものの防寒対策しました。
駅に着いた瞬間風邪をひきそう。。

では行ってきます(日本に帰るのに行ってきます、はおかしいですね)

2 for $○

先日のスパムの日記の値札、3ドルに見えると思いますが、実は

値引き前の値段で買う人が居るのかな?


二つで3ドル、なのです。
この二つでいくら、という表示、ハワイ(メインランドは分からない)ではどこでも見るのですが、日本だったら本当に「二つで」ですよね?
一つだったらちょっと高めの値段設定がされている。

ところが、こっちでは二つで3ドル=一個1.5ドル。

一つだけ買っても1.5ドル。
これを知らなかった私は最初いつも律儀に二つ、あるいは偶数買っていたのですが、ある日「お一人5つまで」と書いてあったので、なんで奇数やねん、と一つだけ買ってみて知ったのでした。
(そもそも「一つならいくら」という表示がない)

私は二つ3ドルより1つ1.5ドルの方がずっとお得に見えるのですが、何故かこの「二つで、、」表現が好きみたい。
よくわからない発想だ。。
for 2 の部分も小さいし。

ちなみに本当に「二つで○ドル」の時は「一個買ったらもう一つタダ(Buy one and get one free)」と表示されています。
(どっかのファーストフード屋みたいですよね)

スパム消費州ハワイ

ハワイは全米一のスパムの消費量を誇るそうです。
友人いわく、全米の一人一年の平均消費量をハワイでは一ヶ月の消費量にあたるとか。
(友人談なので正しい統計結果かどうかは分かりません)
外に出かけたら、どこかでスパムムスビが売っているのを見るくらいだから納得。
メインランドがどうか知りませんが、スーパーでもこんな感じです。

ほかにも色々種類があるみたい


(これはアラモアナに入っているフードランド。かなり規模の小さなスーパーでもこれだけのコーナーがあります)

みんな「スパム」と呼ぶけれど、スパムはHomel Foods社の豚肉の缶詰の商標で、実際の名前はランチョンミート、だけれど、上の写真でも分かるように、大半はSPAMなので、まるで品名のように使われるようになったみたいです。

沖縄ではチューリップやポークと呼ばれているのを聞きました。
チューリップはこれ。

塩分はスパムより多い


(チューリップはスパムに比べてコンビーフに近い食感でした)

私が初めてこのポーク缶を食べたのは沖縄に行ったとき。
当時は沖縄展でもない限りポークを近所で買うことは出来ませんでしたが、沖縄では米軍統治下にアメリカによって持ち込まれて以来、普通にお店に、食卓に並んでいるようです。

物価の高いハワイですが、スパムだけは日本より断然安い。
一缶安いときは1.5ドルくらいなので私も重宝しています。

また、スパムと言えば、スパムメールを思い浮かべる方が多いと思いますが、スパムメールの由来はこのスパムだそうです。(「スパムメールのスパム?」と言われるまで、この二つが同じであることにすら気づかなかった私ですが)

なんでも、レストランに入った夫婦が注文しようとすると、「スパム、スパム、スパム」と連呼され、渋々「スパム」を注文する「スパム・スケッチ」というコントからだとか。(全然面白くなさそうなコントだ)
詳しくはこちら

思いっきりネガティブな使い方なのに、使用を認めるHomel Foodsは寛大ですね。

ハワイの新年の瞬間

新年に変わる瞬間、昨年はアロハタワーに花火を見に行きましたが、今年はワイキキビーチに行ってきました。

ハワイではテレビに時間が表示されないので、正確な時間を知る方法が殆どありません。
公共交通機関はバスだけだし、バスが時間通りに来るわけがないし、何しろハワイ時間
時計が一分一秒正確である必要はないんでしょうね。

普段はそれでもいいのですが、、、今年の新年は正確な時計がちょっと欲しかった。
アロハタワーは場所が限られているからすごく狭かったのですが、DJも居て、ちゃんとカウントダウンがありました。
でも、ワイキキビーチは何もなかったのです。(少なくとも私が居た所は)
各自時計を持っていますが、誰一人正確な時計を持っていない。

だから11:58あたり(多分)からみんな自分の時計に合わせて
Happy New Year!!
とバラバラに叫びだし、「え?もう年明けた??」なんてみんなで言っていたら、海の上のボートから突然花火。

newyear2006.jpg


明けましておめでとう。
でも、やっぱりカウントダウンがないと拍子抜けしてしまうものですね。
というか、いつが新年の瞬間だったのか未だに不明で、去年のように大騒ぎしてみんなでカウントダウンしたかったのでちょっと残念でした。

こうして私も新年を迎えました。
ハワイのお正月は、、
煙たくて花火が怖くて騒々しかった。(昨日の日記参照)
こっちの爆竹は赤いので、場所によっては遠くから見たら空が赤いくらい。

そんな騒がしい夜が明けた元旦の朝は久々の雨でした。
あまり雨は好きではないのですが、この日ばかりは前の日の騒々しさや煙を洗い流してくれるようで清清しい雨の朝になりました。

皆様、本年もどうぞよろしくお願いします。

ハワイの大晦日

明けましておめでとうございます。
Hauoli Makahiki Hou!
ハワイも日本に19時間遅れでやっと新年を迎えました。

大晦日の夜はベネズエラ人の友人とカイルアに居るメキシコ人家族の家にディナーをご馳走になりに行ってきました。

ハワイの新年と言えば花火です。
ハワイでは年に二日だけ花火をすることが許可されます。
独立記念日の日と大晦日。
許可証が必要になったと聞いたけれど、多分みんな払っていないと思う。。
この日を逃すともうできないので、みんな買った花火を使い切るべくそこら中で花火花火。

私の近所でもいい加減やかましいな、と思っていたのですが、カイルアの住宅地は比べ物になりませんでした。

まずカイルアに近づいたら濃い霧のように煙だらけで、運転するのがちょっと怖いくらいに真っ白です。
そして、目的の友人宅に到着してご飯を食べていると、会話が聞こえないくらいに絶え間なく花火花火花火。爆竹爆竹爆竹。
ちょっと聞こえる、という程度でなく、家の中なのにまるでクラブに居るように顔を寄せ合わないと声が聞こえないくらいひどい。

私は花火は新年の瞬間から始まるものだと思っていましたが、私たちが到着した8時くらいにはとっくに始まっていて、このまま一晩中続くそうです。

大体主流は手で持ってやる花火でなく、恐ろしい事に打ち上げ花火(だからうるさい)。
おまけに、みんな普通に道路の真ん中でやるのです。
道路を歩くとまるで草むらを歩いているような感覚なのですが、それは花火のカスが道路に敷き詰められるように落ちているから。
車は花火が終わるまで待って通り過ぎるという異様な光景でした。

アメリカの他の州では花火自体が禁止されているし、たとえ許可されているとしても寒くてこんなに遊ばないでしょうね。
ハワイならではの大晦日。

大人は見当たらず、子供だけでやっている家も。
ヤケドしそうな近距離でキャーキャー騒ぎながらやっていて、道を通るこっちが花火が飛んでくるのをよく見ていないと確実にヤケドします。
なんともスリリングな夜でした。

一番驚いたのは、地面に置いて噴水みたいに出る花火ありますよね?(詳しくないので名前知らない)
あれが凶暴にシャーシャー火を噴いている上に、跳び箱を飛ぶように少年が飛び越えて行った事。

体はってます


こんな風に。
誇張でなくてこのまんま。

大事なところやけどするのを恐れずにエンターテイナーに徹するのはさすがアメリカ人です。

まだ大晦日です

日本と19時間時差があるハワイではまだ大晦日の午後です。
大晦日は英語でNew Year's Eve。
イブといえばクリスマスイブが浮かんでしまいますけれどね。

日本ではもう新年のお昼を迎えられているだろうと思うとなんだか不思議です。

アメリカには大掃除の習慣はありません。
でも、一応日本人の私はチョコチョコと片付けております。(普段の掃除と変わらないけれど)

今年(2005年)もたくさんの方に来ていただいて、本当にありがとうございました。
2006年は願わくは悲しいニュースを聞かずに済みますように。
世界に平和の風が吹きますように。
Peace for the world.

今日もホノルルは快晴です。
この太陽の光を少しでもおすそ分けしたくて写真撮ってきました。
ってこんなの見ても寒さは変わりませんよね~(かえってひどくなる?)

world peace

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。