All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクシーとパトカー

タクシーと言えば車体は傷ひとつなくピカピカ。
社内は白いカバーあるいはビニールカバーで恐ろしく清潔。
運転手は白い手袋。

パトカーは幸い(?)乗ったことがないから内装は知らないけれど、外観はタクシーと同じくピカピカ。
傷が少しでもついたらおそらくすぐに直しているはず。

これが日本のタクシーとパトカーのイメージですよね?(今も変わっていなければ)

対して、おおらかな南国楽園ハワイでは、一般の乗用車は、ぼこぼこだったり、全身さびさびだったり、ミラーがテープでとめられていてブラブラしてたり、バンパーがなかったり、フロントガラスに大きなヒビが入った車が平気で走っています。
それに比べたらタクシーやパトカーは確かにとてもいいコンディションです。

でも、私の乗ったタクシーは後部座席の側面に思いっきり衝突跡があり、ドアの取っ手(?)はテープで止められていました。
取っ手が取れそうで自分で開けることができず、運転手さんに開けてもらいました。
(実際は取れるどころか、開けるのが困難なくらい、かたかった)
大丈夫か?と思ったけれど何しろ時間がなかったのと、どう考えても誰かに当てられた跡だったので何も聞きませんでした。
走っているタクシーも傷だらけの車が多いし、ほとんど洗車しているようには思えない。

パトカーはすべてとは言わないけれど、かなりの確率でバンパーに大きな擦り傷があったり、へっこんでたり。
それはつまり、警察官の運転が下手か、それだけの傷がつくカーチェースが頻繁にあるか。。

どちらにしても困りますよね。

タクシーにしてもパトカーにしても最低条件が「走れるならOK」なのでしょうか?




ま、税金を払う身としてはパトカーは走行に問題なければOK。
バンパーに傷があっても走る速度は変わらないだろうし、車体が光ってても何の助けにもならないから、光るのはサイレンのピカピカだけで充分です。
スポンサーサイト

風邪薬

もう昨年の事ですが、風邪をひいてしまいました。

年に一回ひくかひかないかだし、風邪なんて放っておけばいずれ治る、と基本的には何もしない私ですが、仕事を休むわけにいかないので、このときは日本から持ってきた薬を早々に飲みました。

にもかかわらず、悪化する一方。
熱はさがらないし、咳が出てしまう。
仕事は忙しいから休めない。

接客だし、同僚にうつすわけにもいかないから咳だけは何とか止めたい、と慌ててVicksの風邪薬を買ってみました。
眠くならない昼用ね。

vickes-box.jpg



アメリカの薬は強烈と聞くから、二個飲むなら一個で試してみようと思ったけれど、二個ずつ包装(?)されていて仕方なく二個ずつ服用。
のどが痛みに効きそうな色でしょ?

結局これを一箱(確か3日分)飲んだにもかかわらず効果はあまりなかったのですが、そんなことより驚いたのは、、








vicks-hand.jpg


サイズ。

さすが何でもでかいアメリカ。

こちらのサプリメント等も結構な大きさなので日本人には飲みにくいと聞いたことがありますが、そういうものは買ったことがないので実際目にしたのは初めて。

のどが痛くて食べ物が通らない状態の人用なのに、このサイズにするあたり、なんともアメリカらしいです。
流線型にしているから一応彼らなりに配慮はしているのかもしれない。

まあ、私はこれくらいの大きさなら普通に一回二錠一気に飲めますが、これは飲み込めない人いるだろうなあ。。

あまりのでかさに感動して、熱があって手が思いっきりむくんでいるにもかかわらず写真撮ってみました。
写真をほとんど撮らない私にしては大進歩!

(今まで数ヶ月間デジカメに放置されていましたが)

プレゼントと麺

日本のみなさまはお正月明けのお仕事復帰、大変でしょうか?

こちらは常夏である上、二日から仕事をしていた為、新年が明けたという実感がなく、その事実を忘れてしまっています。
しかも、クリスマスの飾り付けが徐々に片付けられていて、季節感がなくなり、新年早々、いまが何月か忘れてしまう日々になりそうです。

ツリーはプレゼント交換したり飾りつけしたりとそれなりに思い出があるので、なくなるのはさびしいですね。

さて、ハワイに来て二年半、大抵のことには慣れてしまった私ですが、どうしても慣れないものもいくつかあります。

そのうちのひとつが

「プレゼントの開封」。

皆様ご存知でしょうが、こっちの人は包装紙をビリビリに引きちぎってプレゼント開封します。
これがどうしても慣れません。

ビリビリに破って開けるのがその喜びを示すのでしょうが、私としては、贈り主の気持ちも破っているような錯覚にとらわれてしまうのです。

何度プレゼント開封の機会が与えられても、どうしてもセロテープを丁寧にはがしながら開封してしまう私。

そんな私をみんな不思議そうに見ます。

こうやって開封するのは、もしかしたら失礼に当たるのかもしれない。
でもどうしても未だに豪快に開封することができません。

郷に入ったら郷に従え。

たかがプレゼント開封。

でも、こういう些細な事が自分が違う文化から来たのだということを再認識させられます。

gifts06chirstmas.jpg


あ、でも基本的には郷に従っていますよ。

たとえば「麺類の食べ方」

ズルズル、っといきたいところ、我慢して音を立てないように立てないように食べます。

食べた気はしないですけれど、行儀が悪いと思われるのが困りますから。

ああ、豪快にラーメン食べたいなあ。
(とは言ってみるものの、基本は自炊で家で心置きなく音立てて食べているので特に切実ではありません)



音を立てずに麺類と食べたらおいしそうに食べている様に見えない。
プレゼントをビリビリ破かないと喜んでいる様に見えない。

でもひとつ国境を越えてしまうと、行儀が悪かったり、失礼に当たってしまう。

面白いですね。

あけました

ハワイも新年が明けました。

Hau'oli Makahiki Hou!
(A Happy New Year!)

今年もどうぞよろしくお願いします!

私は大晦日夜から空軍基地内にあるクラブでカウントダウンパーティに参加。
飲んで踊って大騒ぎして新年を迎え、そのまま基地内に住む友人宅へお泊り。
行きは車だけどみな飲んでるから帰りは歩き。
酔っているからスプリンクラーの水を思いっきり浴びながら訳のわからないダンスをしつつ歩いて帰ってきました。

翌朝はダラダラと映画を二本観て、冷凍食品の昼食を食べて、そのあと、友人の娘二人の自転車の練習にお付き合い。

人の子供を転ばせるわけにはいかないのでかなり緊張して支えて思いっきり併走したため明日は間違いなく筋肉痛になることでしょう。。
なんとも健康的な新年の幕開けになりました。
(昼からワインを飲んでたけど)

明日からは普段どおり仕事。
せめて二日もらえたらちょっとはお正月気分が味わえるのにな。

皆様にとっても私にとっても充実した素敵な一年になりますように。

2007newyear.jpg

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。