All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの電話システム(固定電話)

アメリカでは電話のシステムが基本的に日本と全く違います。
まず市内通話 (local call)はかけ放題(基本料金に含まれている)。
私の場合、オワフ島は全域無料です。

そしてそれ以外を長距離電話 (long distance call) と言います。
私の電話は市内通話しか出来ない契約なので長距離電話や国際電話はかけられません。(受信は可)
でも長距離電話何分分でいくら、といった形で売っているカードを使えばかけられます。
フリーダイヤルに電話してカードに書かれた暗証番号を入れて電話をかけるもので、公衆電話からでもどこからでもかけられる便利なシステム。

チャイナタウン等で安いカードも手に入りますが、使用期限があり、一回使うと毎週、数セントずつメンテナンスと称して課金されたりするので注意が必要です。
私の一枚目のカードは国際電話を5分ほど使って、このメンテナンス料を知らずに使い切ってしまいました(120分ほど使えたカードでした)。
それを知らずにカストマーサービスへ苦情電話を入れた私。
そして知った後も信じられず、文句を言い続けましたがもちろん何も返って来ませんでした、、とほほほ。
まさしく安かろう悪かろう・・・

今はしっかり学習して期限、メンテナンス料なしのカードを使っています。
全米どこでもオワフをでたら値段が一緒。(一分約3セント)
ニューヨークでもハワイ島でも同じなのです。
国際電話にも使え、日本だったら一分10セントほどかな。

ハワイへ到着直後、両親に無事ついた旨を空港の公衆電話から国際電話をかけたら(クレジットカード使用)、、5分以内だったのに2500円くらい引き落とされていて、かなりショックを受けたものです。

節約生活をしていると何かとケチケチするのですが、電話(市内)だけはリッチに(?)使えるのがうれしいですね~
スポンサーサイト

<< アメリカの携帯電話システム 1 | ホーム | 蛸玉 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。