All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの携帯電話システム 1

固定電話に加えて、さらに違うのが携帯のシステム。
こっちの携帯は日本のように090などではなく、契約した場所の市外局番になります。

ハワイで契約したら808。
市内であるかぎり、携帯も市内電話になります。

つまり私は家の電話からハワイで契約した携帯に電話するのは、市内通話扱いなので無料なのです。
携帯に電話するのが高い日本の感覚からしたら不思議です。

ただ、ハワイにてアラスカで契約した携帯を使うと長距離通話になる。
でも逆にこれを利用して、自分のホームタウンで携帯を契約してこっちに持ってくると家族が市内通話(無料)でかけられるという使い方ができます。

でも、携帯の盲点は受信にも通話料がかかるということ。電話がかかってきたらその分お金がかかるのです。
これはかける側も結構気になります。
かける私は無料でも受ける相手は有料。。。

日本でよく「これは受信専用携帯」と言う方がおられますが、こっちではどっちもお金がかかります。
かかってきても、かけても同額かかるそうです。

日本のように受信は無料という方式もあるのですが、私の周りはそういう契約をしている友人は居ません。
通話料が高いのかな?
(つづく)
スポンサーサイト

<< アメリカの携帯電話システム 2 無料通話 | ホーム | アメリカの電話システム(固定電話) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。