All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンメルツ味

昨日、デンマーク人のNと勉強をしていたのですが、途中からかなり強い湿布の香りが漂い始めました。
Nはアスリートで毎日10マイル(約16キロ)走っていて、陸上のコーチでもあります。
数回日本で開催されていた駅伝大会へデンマーク代表として出場したことがあるほど。

そんな彼女が湿布の香りがするのは当たり前なので特に気にしなかったのですが、不思議なのは一定間隔で薄れたと思ったら、また突然強い香りがすること。

場所を移ってもそうだし、明らかに彼女の方から香りは来ています。
不思議に思いながらも得にわざわざ話すほどのものではないので、黙っていましが、、、

彼女にもらったガムを口へ入れた瞬間、、、、謎解明♪

おわかりですね。
ガムが湿布の香りをプンプンまき散らしていたのです。

口から湿布の香りがするのは、非常に気持ち悪いですが、彼女の手前出すわけにもいかず、つらいつらい・・・

味は普通のガム。
普通にどこでも売っている、よく見かけるものです。
そして香りは湿布、あるいはアンメルツ。
味が消えてやっと取り出した後も数時間、口の中がアンメルツの香りでいっぱい。
普通のガムの味がアンメルツをなめてしまったような錯覚を起こします。
さすがアメリカ、ミント味(香り)も強烈です。
(明らかにミントの範囲を超えてしまっていましたが。。。)

味も大切ですが、香りも大切ですね。。
スポンサーサイト

<< サングラスに雨粒 | ホーム | 初盗難(?)被害 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。