All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献血ができない体

決して体重が軽すぎる訳ではありません。

先日久しぶりのネットサーフィン~とニュースを見て回っていると、ヤコブ病が確認されたので、1980-1996年にイギリスかフランスに1日以上の滞在した人は献血が出来ないという事を知りました(かなり前のニュースでしたが)。。

一日以上だったら沢山いるだろうなあ。
私も学生時代イギリス行ったけど、こんな前ではなかったし。
血液不足にならないのかな~

なんて考えてたのですが、先ほど、ちょっと不安になってパスポートを確認。
。。。
1996年11月~12月の間2週間、思いっきりロンドンへ行っていました・・・
制限は1996年12月まで。それ以降の滞在はOK。
ギリギリひっかかっています。

私、献血手帳が2冊目になったくらい一時期、定期的に献血をしておりました。
えらいでしょ?
何しろ、仕事(外回り)中、ジュースがタダ、おまけに好きなビデオ(映画)が見られる(もちろんタダ)。暑い夏はクーラー効いてるし、冬は暖かいし。
動機はともかく、えらい、、よね?

それが出来なくなるという事は(ジュースとかビデオとかでなく)家族に何かあっても血をあげることが出来ないって事。
それは、、困ります。
でも、私の安全でない血液を人様に差し上げるのも迷惑か。
私の血を輸血された人ごめんなさい。。


つまり

私もヤコブ病感染の可能性がゼロでない???

えええええええええええええええ!!!

狂牛病騒動の後、我慢して牛は極力食べないようにしてきたのに。。。
(誰よりも「自分が一番大切」な私は、人にあげられない事よりそっちの方がショックが大きかったのは言うまでもありません)
スポンサーサイト

<< n印 | ホーム | 緑のクッキー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


献血できません。

会社の同期で現在は退職し、ハワイで学生をしている「cana」殿のbloghttp://cana.blog7.fc2.com/blog-entry-136.htmlを読んでいて思い出した。私は献血ができない人になっていたのだった。1980~1996年の間、英国または仏国に24時間以上滞在した人が対象で、1996年の2月にロ


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。