All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココナッツ娘の限界

今日から授業が始まります。昨日は勤労感謝の日でした。
予習はある程度したのですが、「ここまで明日までにやってくるように」と範囲と納期をもらわないとやる気の出ない困った性格の私、きっと今日帰ってきてからから必死になるでしょう。

先日、フラダンスのココナッツの話をJとしていたとき、「あれは胸の小さい人でないと困るよねえ」と私が言ったらフラショップで実際に友人に頼まれて買ったJが「大丈夫、ちゃんとAカップ、Bカップってあるから」「へ???サイズあるの?」「ないと困るでしょ?」そりゃそうだけど。私は○カップだから、と手にとって、胸に当ててみたりするのだろうか???考えるだけで恥ずかしい。

腰につける長い枯れ草(?)のスカートようなものとセットで7ドルくらいのワイキキのお土産屋で売っているものは質がよくないそうです。
たしかに素肌につけるものですから切り口などの処理が甘いと傷だらけになるだろうし、下に何もつけないので、ヒモが切れたら悲劇です。(ヒモはすごく細い)切れなくてもずれてしまったらポロンだし、ココナッツが割れてしまったら。。。椅子が折れる時代です。ココナッツはきっと簡単に割れるでしょう(と勝手に決めつけている)。
一体何カップまであるのだろうか?
ココナッツのサイズにも限界があるでしょうが、とりあえず、てっぺんさえ隠れていればいいのかな?
こちらでお胸の大きい方は、往々にしてお腹も立派な方が多い。たとえ、お腹がひっこんでいてもお胸に目がいってしまうので、勝手なお願いですが、出来ればC以上はココナッツと違う衣装にしていただきたい。。。でもここは自由の国。どんな体型でもみんなビキニ。望まなくても巨大なココナッツ娘を見る日が来てしまうかもしれません。
スポンサーサイト

<< 堪忍袋 | ホーム | 昇進 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。