All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホノルルマラソン 2005

時間は遡りますが12/11はかの有名なホノルルマラソンでした。
3000人ほど参加の地味なセンチュリーライドに比べてこちらは3万人規模。

出よう、と前から誘われていたのですが、私、期末試験まっただ中。

それ以前に連続で15分以上歩いたり走ったりすると、足中が痒くなるという妙な体質で(どうも血行が良くなる為みたい)絶対無理。
ちょっと痒いってレベルでなくかきむしらないといけないくらいなのだけれど、歩くのをやめたら1分でおさまるので明らかに歩いている事が原因なんですね、やれやれ。
どなたか同じような体質の方いらっしゃいませんか?対処法あったら教えてください。。

その後、ボランティアスタッフとして参加してほしい、と別の友人から誘われて、ハワイにせっかく居るのなら、やっぱり見てみたい、と誘惑に負けて参加することにしました。

でもホノルルマラソンの朝は早い。
私が現場に到着したのは1:30。
PMじゃありません。AMです。
これは「朝」ではないか。

42.195キロも走るのに、本当に色んな方がいらっしゃいました。

85歳でもう20回以上参加されているおばあちゃん(各地の大会に参加されているみたい)。
小学生の少年。
ゼッケンの下に犬の写真をぶら下げて一人で参加のおじいちゃん (ゴール後、その写真が重かった、と言われていました)。
全身着ぐるみの面々。(猿、ドラえもん、ゴレンジャーetc)
マスクを被って参加(よりにもよってコレ↓)

中は絶対輪ゴム臭いと思う

etc. etc. etc.

でもこの人たち、結構早くゴールされるのです。
しかも、かぶり物も全身コスプレ(?)もそのまま。
おじいちゃん、おばあちゃんもスタート時とまったく変わらないくらい元気。
ちなみに普通にTシャツ一枚でも暑い、もの凄く日差しの強い一日でした。

少々(ほんの少々ね)ぽっちゃり気味の少年は後半は足が痛いと泣きながら完走。14:30頃ゴール。
もう聞いているこっちが涙が出そうでした。
クラスの友達どころか、一生誰にでも自慢できる思い出になったね。

私は一応スタッフの一員なので「わ、着ぐるみ!」と写真を撮るわけにいかず、辛うじて撮ったのが、休憩時間のこの写真のみ。

こういうのはどこかで売っているんだろうか

(ゼッケンがついているので間違いなくランナーの方です)

ぼくドラえもん。
こんなの来て40キロ以上炎天下を何時間も走るのですから、きっとスタミナ抜群、普通に走ったらとても速い方々なんでしょうね。(これが11:30頃の写真なのでそこそこのペースでゴールされたはず)

ドラえもんはまだ通気性ありそうだけど、腕まで完全に覆っている重そうな着ぐるみの方も多く、更にこの









yoda4.jpg


惑星ダゴバから来られたお方に至っては (著作権とかよくわからないので無謀にもマウス画。わ、分かるかな?)、見るだけで窒息しそうでしたが (何しろ「硬質ビニール製」です)、途中6:00AM頃10キロ地点で沿道応援していたら、ちゃんと被って走っておられたし、ゴール付近でもお見かけしました。
そもそも前が見えているんだろうか?という疑問もありますが、真冬の寒い地域のマラソンならともかく、常夏のハワイで、、今思い出すだけでも貧血になりそうです。

それともご本人だった?なんて思ってしまうくらい。(思わないか)
スポンサーサイト

<< Mele Kalikimaka! ハワイ語の話 | ホーム | ハワイと日本文化の融合? >>


コメント

面白い

canaの「走ると痒くなる」っていう病気にも笑ってしまった。(ゴメンね)
アルコール飲むと赤くなって痒くなる人とかいるから、原因は同じようなものかも?
シモヤケの痒さもこれらと共通するのかしら。(あの痒さなら理解できる)

しかし、ホノルルで42.195km走るだけでも物好き(失礼)だと思うのに、着ぐるみまでとは・・・。
ちょっとしたイベントに着ぐるみで参加、とかは微笑ましいけど、それでマラソン走るとなると、生死の心配までしてしまいますよ。(苦笑)
それとも、意外と直射日光を遮ってくれて涼しかったとか?(笑)
cana氏の「ご本人説」も案外当たってたりして。と思ってしまうくらい、人間離れ。
スタッフとして参加しても楽しそうだね。朝早い時点で私にはムリですが。(苦笑)

ホノルルマラソンかぁ

ホノルルマラソンかぁ~。
9月にホノルルに行った時に12月にはホノルルマラソンがあるんだよなと思っていたのに、、、大会が終わっているとは時間が過ぎるとは早いですね~。

センチュリーライドの時に、ダイヤモンドヘッド近くを通ってた時、ホノルルマラソンではこの辺り走るのかな~と思いながら自転車をこいでいました。
私は3人兄弟の末っ子で、兄と姉がいます。9月のセンチュリーライドの時は兄と一緒に参加しましたが、姉は不参加でした。嫁ぎ先の仕事柄、海外に行く事はかなり難しい状況なんです~。その姉が結婚前にホノルルマラソンに出たことがありまして、、姉はここを走ったんだなと思いながら走っていました。

時間軸はずれていますが、同じ空間を兄、姉と共有が出来た素晴らしい場所がホノルルなのであります。

Dear ひまわり & いっちゃん

>ひまちゃん
アルコールはまったく問題ないんだけど(聞いてない?)
ショッピングとかは立ち止まりながらなので全然痒くならないんだけど、ひたすら歩く、というのがだめみたい。
ほんとにねえ、生死とはまさにそのとおり。
昔、ダースベーダーのマスクをかぶったことがあって、1分も耐えられなかった私なので、あのゴムを頭にかぶったまま、しかも走る、というのが、、鳥肌立ちそう。

>いっちゃん
ホノルルマラソンはセンチュリーライドと似たコースだそうですよ。
確かカハラまで行って帰ってくるそうです。
ダイヤモンドヘッドのふもとは間違いなく通っているはず。
ごきょうだい皆様スポーツマンなんですね。
ホノルルに住んでいるとそのありがたみを忘れてしまってネガティブな部分ばかり見えてしまいますが、よくよく考えたら私は幸せ者ですね。

うへあ

悠風ですら着ぐるみ被って走るの無理!絶対無理!
うちの劇団の代表は昔着ぐるみのままカートやらカヌーやら挑戦してたけど(笑)

歩いては痒くならないけど、かきむしるほどってのはよくわかる。
悠風は風呂から上がるとよくあるし。
血行がよくなった上に化繊当たるとてきめんorz

ちゅーか、○ーダうまいね@_@!

Dear 悠風

>悠風
悠風が着ているような着ぐるみはさすがに居なかったよ(笑)
でも「ゼッケンさえ重くなる」マラソンでかくし芸並の扮装で走るのでホント頭が下がります。

風呂あがりに痒くなるのはかわいそうだな。。
一番リラックスできるときなのに。
私は化繊はまったく問題ないけれど、天然の「羊毛」が駄目、というなんとも安っぽい人間でございます(^^;

対処法はわからないけど。

私もアルコールを飲んで赤くなると、痒くなります。
ブツブツがでることも。( ̄□ ̄;)
でも、足は辛いよね。外でボリボリ掻くのも、そのあと掻いたあとが残るのも。ヘ(T◇T)ノ
15分タイマー付(?)の足は、寒いとこでも暖かいところでも同じ調子でピコピコ♪、いや、痒くなるのかな~。
でも1分で復活なら、体育の授業のマラソンとかでも、なんとかなった?(私の高校は授業で3キロ、1年に一回のマラソン大会?では7キロ走らされました)

Dear しのにぃ

>しのにぃ
私は発疹はないけれど、ひたすら痒い。
ひざから下はまだいいけれど、足の付け根も痒くなるからホント大変なんです。
人前でお尻ボリボリする訳にいかないけど強烈に痒い。
昔はこんなことがなかったのでマラソン大会もそんなに苦労はしなかった(長距離走るのは苦労したけど)
どれくらい走ったんだろう?
裏の山をひたすらある地点まで登ってひたすら降りてくるふざけたコースだったことしか覚えていない。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。