All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲の上

帰ってきてすぐ学校が始まったのですが、最初のクラスというのは大抵宿題がないものと甘く見ていたらすべてのクラスでしっかりと出してくれたので少々バテ気味です。
まあ、学生なので当然なのですが。。
バタバタしていて、日本でお世話になった方々へメールさえできていません。
とりあえず、この場で元気であるとご報告を。

帰りの飛行機は窓際、しかも生まれて初めて隣に誰もいない空いた飛行機でした。
上空からのハワイはさぞかし美しかろう!と楽しみにしていたら、、、雨。
どんよりとした色をしておりました。

空港まで迎えに来てくれた友人曰く「昨日までは冬とは思えない晴天続きだったんだけどね」
そうですか。
どこへ行っても変な天気を持ち込むのは私ですか。
(元々晴れ女って言われてたんだけどなあ)

雨なので上空はしっかり雲に覆われ、それはそれで綺麗でした。

夜明け前の太平洋と日の出後の太平洋。

窓から写真撮っていたのは私だけ。こんなに綺麗なのにね。


文明の利器の力を借りないと絶対見られない光景、みんな暇そうに雑誌読んだり映画観たりしているなか、一人で窓にかじりついていました。
まるで初飛行機のように見えたでしょうね。
スポンサーサイト

<< 電話勧誘撃退方法 | ホーム | ハワイに帰ってきました >>


コメント

お疲れさま。( ̄▽ ̄)V

私も久しぶりに「宿題がいっぱいで~」などという台詞を言ってみたいわ。\(≧∇≦)/
学生さんとしてはあまり言いたくない台詞かもだけど。(爆)
それにしても・・・空からの景色は特別に美しいものだよね。私が飛行機に乗った経験は、片道でカウントしても両手で足りるほどだけど、毎回外ばかり見てたもの。

雲の上で思うこと、、、

ご無事でなによりです。

飛行機に乗って朝陽をみるといつも思うのですが、地球って丸いな~っと!そう思いません??

また、地平線の赤っぽい光りをみると、あ!散乱が起こってるって!(理科系の発想ですみません。。。ちなみに、青い光りは散乱が強すぎで透過できないからなんですよ。また、空は散乱された光りを見ているから青色なんです。。。。
あぁ!こんなこと聞いてませんでしたよね。)

理科系的な発想はここまでとして、
飛行機でひとっつ飛びしている下には、この空の下には全く違った文化(出発地点と、到着地点とは違う価値観をもっている文化など)があり、色々な人が色々な価値観をもって生きているんだよなぁ~と思ったりします。

生活する上で色々な障壁に出会いますが、改めてちっぽけなことで悩んでいるんだなぁ~とか思いながら飛行機に乗ると面白いですよ。

Dear しのにぃ & いっちゃん

>しのにぃ
関空を発つ時も、夜景をかじりついて見ていたんだけど、他の人は全然興味なさそうだった。
せっかく窓際なのにもったいない!
でも、、窓際って寒いのね(笑)
私も国際線はそんなに乗ったことないんだけど、なぜかいつも一人ですね。

>いっちゃん
思いました、思いました!
丸いって。
でも「目の錯覚か??」なんて一人で思っていました。
ただただ、夜景や雲を見て「おおお!綺麗!」と単純に思っていた私は残念ながら哲学的思考までたどり着かなかったけれど、次回はちょっと考えて乗ってみます(笑)

あ、私、理系の話大好きですよ♪(一応今理系)またいろいろ教えてください。

思い出すな~

ホノルルセンチュリーライドからの帰り、隣の席ふたつが空席で、みっつの席をだ~っと繋げてのんびり寝て帰ったのを思い出しました(^^)
しかし…やっぱり、canaは日本よりハワイが似合うような気がする。
なんでだろ?…胴が短いから??

残念ながら…

うまく窓際に座れることが少ないんだよね…
大して回数も乗ってないけど^^;;
でもイタリア行きのとき、ユーラシア大陸横断はすごかった。

写真、すごくいいねv
悠風も今度乗るときは窓際に座って風景堪能したいなあ。

空の色

以前飛行機で高いところまで飛べば日本からアメリカが見えるんじゃないかなんて思ってたことがありましたが、バカですね僕も(笑)
地球が丸いということを実感として持っていなかったということですね。
日本からハワイへ行く時に夜から朝焼けに変わっていく空の色を見るのが好きでした。

色を見ることが出来るのは人間と限られた動物ぐらいだそうですが、
色が見られる可視光線は電磁波のうちでも限られたごく小さな範囲に集中していて、波長で言えば1ミリミクロンの10の二乗から三乗の範囲だけ
それ以下の短い波長は紫外線、エックス線、ガンマ線、宇宙線となり、長い波長は赤外線、電波となって可視光線の範囲の数万倍は範囲がひろいという事です。
要するに目に見えない電磁波の方が多く存在しているにも拘らず、限られた範囲内でしかあのすばらしい色は見られないと言う事に気付くと
自然を目にすることってなんてしあわせなんだろう、奇跡だと思っても不思議はない気がしますね

Dear 達己 悠風 & Hishis-san

>達己
残念ながら私は二人席でしたので、楽は楽だったけれど、三人席ほど贅沢はできませんでした(何しろ私、ごっついから)
私がハワイが似合うように思うのは間違いなく肌の色のせいです(笑)

>悠風
ユーラシア大陸横断、って響きだけでもすごそうだよ(^^)
私もイギリス行った時、同じように雲の写真を撮りまくった思い出があります。
絶景だよね~

>Hishisさん
私なんか、この歳になって、関空と発つ時、夜景が遠ざかって海岸線が見えるとこのまま上空に行くと日本列島の形が見えるのではないか?と思ってしまいました。。。
バカじゃなくて夢があるんです、と思っておきます。
何でもない事が本当はすべて奇跡だな、と落ち着いて考えられる時は少ないけれど、人がもっとこの美しい自然を「奇跡」と認識できたら地球を大切にする人が少しは増えるかもしれませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。