All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小麦色肌への憧れ

本当に本当にご無沙汰しています。
こんなに長く更新していないのに、いつも来てくださっていた皆様、ありがとうございます。
コメント、書き込み、ありがとうございました。
I have no words to thank you.

ハワイはその後、すっかりいつものハワイに戻って毎日晴天です。
私は忙しいながら、元気です。

ビーチに行くのは恐ろしくて私には勇気がないけれど、元々ビーチには殆ど行かないので (年に数回) 特に問題ありません。

ビーチと言えば、白人の方々の日光への無頓着さにはいつも驚かされます。(日本人の肌の白さと化粧の濃さにも驚きますが)。

私は元々焼けやすいのでその気になれば、ちょっと赤くなっても、その後はあっという間に黒くなれます。
ただ、黒くなることは全く気にならないのですが、やっぱりシミや皮膚癌はとても気になります。
なので、外に出るときは必ず日焼け止め。
出来る限り長袖、ビーチでも長袖を持っていくし、泳ぐときは必ずラッシュガード。
昔の私を知る人は驚くでしょうね。

それに対し、白人の皆様は「輝く小麦色の肌」への憧れが強く、燦々と日光が降り注ぐ中ビーチで寝そべってはります。
でも、いくら頑張っても彼らが私のような色になるのはほぼ不可能なようで、ダイビングのインストラクターでさえ私よりずっと白いです。

その傍ら、日焼け対策が十分すぎる私が海やプールから出てきて部屋に戻ったらすでに小麦色。
白人の友人達は、「そんな色になれるなら、私、死んでもいい」とよく言われます。
(すごい表現ですが直訳です。「~できるなら死んでもいい」はこっちの人、よく使います。私は「死ぬ」なんて軽く使いたくないので、あまり好きな表現でないですが。私だって彼女らのようにふさふさの睫毛が欲しいけれど、死んでまでは欲しくない)

遊泳禁止が解けたワイキキは、連日、信じられないくらい赤くなっている白人が沢山仰向けやうつぶせで太陽光の吸収を試みています。
ゆでだこが並んでいるみたい。

どうせ落ち着いたら白く戻るだけなんだから、見ているこっちがつらいから、何より赤すぎるから、と声をかけたくなるくらい。
(それでも焼き続ける彼らはやっぱり肉体的に強い?)

そして、メラニン色素が少ない彼らがそんなことをしたら結果は見えています。
ハワイに住む白人(歳は関係なく)の肩から背中にかけて数え切れないほどのシミがあるのは殆ど当たり前。
やっと20歳になった友人の肩にも数十個のシミがあります。
(初めて会った去年の夏にはまだなかった)
元モデルのMの顔や腕に十数個のシミ。
彼女曰く、
「日光あびたら、こうしてシミができるは仕方がないよね」
いや、、、、
4歳年上の私はないですが。。。
(見つけたらきっと大騒ぎ)

もっとも、私たちより遙かに目鼻立ちがしっかりしている彼女らのシミは確かにあまり気にならないですね。

ただ、シワは気になります。

ノルウェー人の友人はオーストラリアで大学時代を過ごしたときに日光への耐性が出来たから、日焼け止めなくても全く問題ない。と自慢していました。
でも、顔はソバカスだらけ、さらにガリガリだからか目の周りもシワだらけ。
そんな彼女は私より5歳は上だと信じていたのに年下でした。
耐性あるかもしれないけど、美しくはない。

ある女性教授はシミはもちろん、腕はしわしわ。
首もしわしわ。
10歳は上だと信じていましたが、なんと私と一つしか変わらなかったです。

アジア人が若く見られるのは全然不思議じゃないですね。
(よく話すうちのアパートの管理人に、「私が貴女のように20代前半のころはね、、」と言われた私。有頂天になったけれど、話す内容が幼いと思われているだけかも。微妙。)

シミ、シワはいいとしてもみんな皮膚癌は気にした方がいいと思うのですが、価値観が違うようですね。

あ、私、対策はしていますが、一般的な日本人よりはやっぱりはるかに黒いです。
スポンサーサイト

<< Mom and Dad | ホーム | 大雨の後 >>


コメント

無頓着?

無頓着なのかな?なんだろうな(^^;
でも、ちょっとの事ですぐ凹む達己としては、そんな無頓着さもちょっと羨ましいです(苦笑)
シミ、そばかすはあんまり気にしないけど…白髪は気になります。
そちらの方は白髪も気にしないよね??
気にしないで済むのは、やっぱり体形とか顔立ちのせいなのかなぁ。羨ましい…

Dear 達己

>達己ちゃん
無頓着というか、価値観の違いかな?
白髪は確かに人によっては全然気にしないね。
私の今のボス(女性)は18歳の頃から白髪が出始めて55歳の今、ほぼ真っ白です。
真っ白になるまではショートカットだったそうですが、ある日友達がそんなに綺麗な髪の色、もっと生かさないともったいない、といわれて伸ばすようになったそうです。
エジプト人とハンガリー人のハーフの彼女、真っ白の髪、本当に似合っています。
いつもばっちり化粧のせいかもしれませんが。
やっぱり顔立ちかね?

うーむ。

悠風もあまり日焼け対策してません。ハイ。
日焼け止めクリームが合わないんだよね(爆

確かに「小麦色の肌」はいいなあと思うよ。
健康そうに見える気がして。

でも皮膚癌は気になるなあ…
色が白いのは色が黒いより皮膚癌になりやすいと
何かで聞いて尚更^^;;

Dear 悠風

>悠風
悠風の白い上に滅茶苦茶肌綺麗な肌は羨ましかぎりです。
もったいないから日に焼かないでください(笑)
白いときは貧血だから確かに非常に不健康な私と違って、貴女は白くてもちゃんと健康そうに見えるから、その輝く白い肌をキープしてねー。

雛はそばかすだらけ、シミだらけです(涙
だってズボラだから日焼け止め塗ってないんだも~ん(自業自得)
鏡見て「醜い(汗)」って凹む割には次の日平気で日焼け止め無しで外出したりするんで、基本的に無頓着ですね・・・
そろそろ美白目指さなくては、皺々になってしまう(汗

確かに驚く

数箇所のビーチリゾートを体験してきたけど、確かに欧米の方々は無頓着だよねぇ。その大胆さというか無頓着ぶりに私も驚いたよ。本当に見てるこっちが痛くなりそうなくらいに真っ赤っかになっているんだもんね。ディナーのときなんか、真っ赤っかな肩や背中にレースの肩紐なんかのドレスを着ているのを見ると「あれ、痛くないのかなぁ~;」って真剣に見ていたこともありました。(笑)だってねぇ、私たちだったらあそこまで真っ赤に焼けると服も着れないくらいに痛くて痛くてたまらないもんね。
(アロエジェルを一瓶使い切っちゃったこともありました。(苦笑))
確かに価値観の違いなんだろうけど、身体の組織や命の価値って万国万人共通なんだから、もっと気にしたらいいのに・・とちょっと思ってしまう瞬間だよね。
私はここ数年ちょっと気をつけるようになりました。やっぱり歳には勝てないからね。(笑)

Dear 雛 & 鈴佳

>雛姫
私もハワイに来るまでは、海にでも行かない限り日焼け止めなんて塗ってなかったよ(笑)
幸いに色が黒いのでそばかす等は免れたけど(と思っているだけかも)。
日焼け止めって臭いし、ベタベタするし、気持ちわるいから私も苦手(化粧はもっと苦手)。
だから、日焼け止めで肌を傷めたくないから、今使っているのは無添加無香料の粘土の。
そばかすは可愛いからいいけれど、シワは後悔しても、簡単に消えないから、何か自分に合う日焼け対策してね~

>鈴佳
私のアメリカ人の友人達(20歳前後)曰く、やっぱり痛いみたいよ(笑)
でも日本人みたいに熱が出たりはしないみたい(私の友人達だけかもしれないけれど)。
ビーチで寝そべっても焼けないって分かっているのに寝そべる、というのはやっぱり憧れかね。
こっちの人って変なところで健康志向で(サプリ飲みまくり)、変なところで無頓着(着色料等)

私もすぐに日焼けします。赤くなってすぐ黒くなる肌なので嫌なんだよね~でも白人の友達にはうらやましがられる…日焼け止めも皮膚が弱いせいであまり塗れないし塗っても日に焼けるなぜ~~

確かに白人の方々が焼いてる姿は痛いそうですよね!将来のことも考えてちょっと気にしたほうがいいよーと人事ながら思ってします私です

日焼けイヤン

私もすぐ黒くなるから、赤くなって終わる人がうらやましい~。
日焼け止め、私も苦手です。塗ってるとなんか気持ち悪いんだもん。
今まではそれでも塗って出かけてたけど、今年は気が乗らなくてまだ塗ったことがないわ。
でもおばあさんの肌になるのも嫌だし・・・。
なにか画期的な紫外線対策ってないのかな。

そちらの人って・・・そんな風に無頓着だから、地球温暖化とかにも無関心なのかしら。
私が子供の頃に比べたら、明らかに紫外線の種類が変わってきてると思うんだけど・・・。

紫外線の種類

確かに紫外線の種類って変わってきているよね。
子供の頃の直射日光って痛いって思ったことないけど、最近の直射日光って痛いって感じることあるもんね。
昔は日傘なんてほとんど考えなかったけど、近年じゃ夏場は日傘、しかも遮光傘を愛用するようになりました。これってやっぱり歳のせいだけじゃないよなぁ。

Dear Michiko, ひまわり & 鈴佳

>Michiko
そうね。。
もうMichikoちゃんと最後に会ってから20年経ってるけど(これもすごい)確かに私と同じくらい小麦肌のイメージが残っています(失礼!)
イギリスでは誰も日本人と思ってくれなかったのでは?(笑)
私は肌は全くもって弱くないけれど、美しくないです。。。
色白でなくていいからキメが細かかったら7難どころかもっと隠してくれそうなのに。

>ひまわり
こっちの人は温暖化に関しては関心はないわけではないです。
関心がないのは政府ね。
トチ狂った大統領を選んでしまったから。
ただ、温暖化と紫外線の変化という発想は確かにないと思います。
若いから肌はすぐ元通りになると思ってるんよね。
シミだらけでも。

>鈴佳
日傘は多分しばらく使わないと思うけれど(雨傘さえハワイで使ったことないから)日光い対しては日本に居るときとは比べものにならないくらい敏感になっています。
、、、
でも黒いけどね。

痛い

私も赤くなって残らないタイプだったけど、年齢があがってくるにしたがってちょっとやばくなりかけ、それ以来泳いでいません(笑)
日本も紫外線きつくなってきたとは思うけど、
オーストラリアに行ったときは、あまりの痛さに泣きそうでした。
日焼け止めはガンガン塗り、ロングワンピに長袖なのに、座って少し出た足の部分だけでも痛いんだもん。
シミだらけの方達が肩を出して歩いているのを見て、かなり驚きました。

Dear かづき

>かづき
私も肩を出して泳ぐ勇気はもうありません。
日本にいたときも沖縄へいくときTシャツ着ていたけれど、こっちに着てからはラッシュガードを必ず着用するようになって、みんなに何で?と聞かれます。
半袖だと確実に出ている部分が焼けるので、今度は長袖のを買おうと思っているところ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。