All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学生の就職事情

今日は留学生の労働事情などをまじめに紹介してみたりしてみます。

アメリカでは留学生は働くことはできません。
留学生達でシステムを完全に理解している人は意外に少ないのですが(ちょっと前までの私を含め)、私達は「勉強」の為にここに居る許可をもらっているのであって「働く」為ではありません。
ただし、学内で週17時間以内は労働可。
先日までの私はこれでした。

そしてもう一つの方法が「インターンシップ」をとること。
日本でもだんだんメジャーになってきた(と思う)「インターンシップ」。
要は在学中に就業「体験」をする事です。
アルバイトではありません。
無給、有給の二通りがあり、学生にとっては社会に出る前に自分のやりたいことを見つけるチャンス、企業にとっては安く、あるいは無給で人材を雇えるというメリットがあります。

グリーンカードを持っている人だったらやっぱり「アルバイト」と変わらないのですが、私達留学生にとってはこれはあくまで「授業」なのです。
つまり何でもいいわけではなく、「学部に関連」していなければなりませんし、働く為に授業料を払っていますし、一学期が終わると10枚以上のレポートも提出しなければなりません。
でも、ある意味つまらない授業よりもずっと有意義ですので、払う価値はありますね。
もちろん「授業」ですから単位に加算されます。
選択科目の一つとしてインターンシップを利用するのが一般的です。

ちなみにインターンシップは週20時間以内ですが、例外は夏休みと冬休みで、この期間は「休み」なのでフルタイムでインターンとして働く事が可能です。

長くなりましたが、私はこれを利用してただ今ほぼフルタイムで働いているのでございます (もちろん有給)。
つまりまだ学生。
私は選択科目は取りきっていて、残りは必修のみなので、これはあくまで追加。
修士論文を書いている真っ最中です。
さらに授業も残っています。

最初は面接の練習(失礼ですよね)と、軽い気持ちで面接を受けたのですが、三次面接まで進んで後に引けなくなり(?)また、仕事もおもしろそうだったので挑戦することにしたのでした。

慣れない仕事で、しかもクラスを取りながら、論文を書きながらなので少々、結構バテ気味ですが、それなりに楽しんでいます。
お客さん達はつっこみどころ満載だし。(また詳しく後日に)

ちなみに、よく留学生がレストランやファーストフード等で働いていますが、あれは違法で、見つかったら多分強制送還されてしまいます。。。。
(今までも私が「アルバイト」と言って働いていたやん、と言われるかもしれませんが、あればあくまで一日限りで「ボランティア」(ただし謝礼付き)という形を取っているので違法ではないのです。)

私は8月卒業予定ですが、卒業後は今度はOPTという制度があって一年フルタイムで働く事が可能なのですが、これについてはまた今度。
スポンサーサイト

<< 「外人」という表現 | ホーム | F-word >>


コメント

なるほど~

留学生というものについて、ほとんど知らなかったけど「なるほどそういうシステムなのか。」とお勉強になりました♪
以前、私の勤務先の上の階にあった事務所にインターンシップでお仕事に就いていた院生さんがいたんだけど、「タダ働きで仕事するなんて私には考えられないなぁ。」と単純に思っていました。(笑)学生さんも大変なんだ。

Dear 鈴佳

>鈴佳
私も無給は嫌んです(笑)
ですから時給、ちゃんともらっています。
そこそこのバイトと同じくらい。
ただ、大学院生は一科目3単位必要なのですが、もし、無給だったら200時間、有給だったら600時間(ともに夏と冬でなければ週20時間以内)働かないと一クラスとして認められません。
私の場合はクラスと認めてもらう必要はないので、1単位だけ取って好きなだけ働いていますが。

大変ですね

授業も受けながら、働くのは大変ですね。
留学生の働くことが禁止されているのは知りませんでしたが
言われて見たら確かに納得ですね
学割なんてのはあるのですか?(笑)

がんばってください

Dear Hishis-san

>Hishisさん
留学生の勤労については多分日本も同じだと思います。
ワーキングビザの取得は年々難しくなっていますし、留学生というだけで完全に不利なので仕事探しという意味では確かに大変です。
論文は思ったよりも手間取って(修士論文なので当たり前なのですが)かなり今はいっぱいいっぱいの生活ですが、いずれ慣れると思います(I hope)。
ハワイは学割は殆どといってないに等しいです(たまーにあります)。どちらかというと「カマアイナ」といって、ハワイ在住の人への割引の方が一般的です。
私はこれが適用されますが、卒業してももちろん適用されるので、学生であることのメリットはあまりないですね(笑)

きょ

きょうは、ここに謝礼も利用しなかったよ。
またここにcanaで制度みたいな理解しなかった。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。