All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクシーとパトカー

タクシーと言えば車体は傷ひとつなくピカピカ。
社内は白いカバーあるいはビニールカバーで恐ろしく清潔。
運転手は白い手袋。

パトカーは幸い(?)乗ったことがないから内装は知らないけれど、外観はタクシーと同じくピカピカ。
傷が少しでもついたらおそらくすぐに直しているはず。

これが日本のタクシーとパトカーのイメージですよね?(今も変わっていなければ)

対して、おおらかな南国楽園ハワイでは、一般の乗用車は、ぼこぼこだったり、全身さびさびだったり、ミラーがテープでとめられていてブラブラしてたり、バンパーがなかったり、フロントガラスに大きなヒビが入った車が平気で走っています。
それに比べたらタクシーやパトカーは確かにとてもいいコンディションです。

でも、私の乗ったタクシーは後部座席の側面に思いっきり衝突跡があり、ドアの取っ手(?)はテープで止められていました。
取っ手が取れそうで自分で開けることができず、運転手さんに開けてもらいました。
(実際は取れるどころか、開けるのが困難なくらい、かたかった)
大丈夫か?と思ったけれど何しろ時間がなかったのと、どう考えても誰かに当てられた跡だったので何も聞きませんでした。
走っているタクシーも傷だらけの車が多いし、ほとんど洗車しているようには思えない。

パトカーはすべてとは言わないけれど、かなりの確率でバンパーに大きな擦り傷があったり、へっこんでたり。
それはつまり、警察官の運転が下手か、それだけの傷がつくカーチェースが頻繁にあるか。。

どちらにしても困りますよね。

タクシーにしてもパトカーにしても最低条件が「走れるならOK」なのでしょうか?




ま、税金を払う身としてはパトカーは走行に問題なければOK。
バンパーに傷があっても走る速度は変わらないだろうし、車体が光ってても何の助けにもならないから、光るのはサイレンのピカピカだけで充分です。
スポンサーサイト

<< 雨ニモマケズ、風ニモマケズ | ホーム | 風邪薬 >>


コメント

確かに

外国で驚くことの一つが車のボコボコなこと(笑)
タクシーもパトカーもなんだ。
パトカーはまあいいけど、タクシーはこの運転手で大丈夫なのかと、危険を感じそうだね。

Dear かづき

>かづき
私はほとんどタクシー乗らないし、乗るときは思いっきり急いでいるのでボコボコタクシーが来てもそれを拒否する時間が残念ながらない(笑
タクシーは傷ひとつない車体、という発想がないのなら少々傷ついていても走れる間は商売する、って感じなんでしょうね

車検が無いから?

日本と違って米国は車検が無いのと、ハワイは特に海風のため防錆塗装をほどこしていないとあっという間に錆びてしまいますね
だから本国の車より若干高くなるらしいです
そのために事故ってもぶつけてもあまり細かい傷などは修理しないのかも知れないですね
ヨーロッパではバンパーは当てる為とかいって
自分の駐車スペースを空けるために前後の車にガンガンぶつかっている映像を見た事あります

日本が神経質すぎるのかもしれないですが

日本が綺麗すぎるのかも

私は常々、日本は世界で一番車が綺麗な国じゃないかと思ってます。
「今事故に遭って来ました」みたいな車ってほとんど見ないしさ。
ちょっとぶつけたくらいでも、すぐに直して乗るよね。
やっぱ日本人て綺麗好きなのかな?

Dear hishis-san & ひまわり

>Hishisさん
車検はないけれど、一応safty checkがあって、それをパスしないと車を登録できません。
それがどのくらい厳しいのかわからないけれど、普通にパスできない車や保険が切れた車がウジャウジャしているのは確か。
恐ろしいところです(笑
ただ、日本みたいに10年経った車の車検は恐ろしく高いから買い換えたほうが得、といったシステムでないので古い古い車がたくさんあるのも原因かも。

>ひまわり
>「今事故に遭って来ました」みたいな車
たしかに(笑
毎日事故にあっている車に遭遇している気分です。
何しろ1980年代の車が普通に売られているし、普通に走っている。
そのあたりもボコボコの車が多い原因かも。

日本は・・

日本は車を買い換えるサイクルも早いからね、
オイラの車は平成3年製! チューニングカーだし愛着あるから手放せないっすww

海外のタクシーはホテルに着ける白とか黒い車両以外ではボロイのも多く何度も乗せていただいたけどけど色んな写真やスッテカーが貼ってあったりそれなりに味があってイイナ~なんて思ってしまう♪
日本のタクシーやパトカーは確かに綺麗ですね、でも良く見るとパトカーとか暴走族にやられて凹んでる車もたまに見ますよ(笑)

Dear tak-san

>Takさん
日本の車検システムが車の買い替えを促しますよね。
平成三年。。今が平成何年でしたっけ?
ちなみに私の上記タクシー(取っ手がテープで補強)はホテルに呼んでもらったタクシーです。
つけてはいなかったけどね。。

日本の車検。

世界で一番厳しく、高いでしょうね。2年に1回最低でも10万、ディーラーなら20万かかりますから、他の国では許容されないでしょう?新車購入から初車検までが2年から3年に伸びたときにも、関連団体からの圧力が凄かったらしいです。(他にも怖い団体がいるせいで変えられないものが多いらしいですが)
他の欧米諸国のsafty checkは日本の基準からすれば名ばかりらしいですね。アジアだと10~20年ものの日本車が大人気ですし。今はもっと新しい日本車が凄い勢いでソ連や東南アジアに流れています。ソ連船籍は1人あたりの持ち帰る許可台数が増えたので、今はほとんどがソ連かもですが。

アメリカの方が日本のタクシーに乗るとビックリするみたいですね。向こうは雨でびしょびしょでも気兼ねなく乗れるけど、白くてキレイなカバーがかかった座席だと気を遣う?(笑)
イギリスでは路駐が基本だけど、ガラスを割られたり、中のものを盗まれるのも普通なので、車が大事な人は鍵のしっかりした車庫つきの家やアパートを探さないといけないと、少し前にJAFメイトに載っていました。
日本にくるアメリカからの逆輸入車は、海外で船につめこむ時に、バンパーがボコボコになるそうです。日本でここだけつけかえるらしい。向こうの常識ではバンパーはあてるもの・・・所変われば常識も変わる・・・というか世界からみれば日本が変?

意識の違いだね

私も免許取り立てに乗った中古の時は、バンパーは当てる物と思ってた。
今は新車買ってるから、バンパー当たったらショックだわ(笑)
でも、普通の日本人に比べたら、洗車もしない方なんだわ。
でも、ガムテで補強はしてないよ。

そういや、10年たったら車検高くなるんだ。
まだ乗れる車だったら、もったいないと思っちゃうなあ。

タクシーの場合は・・・

アタシの父も義父も伯父もタクシー運転手でした。
父曰く傷の付いたタクシーは「運転が下手です」とアピールしているようなもんだ。安心して乗ってもらうにはいつも綺麗に清潔にしておくことだ。信用あれば指名もしてもらえる。
一理アルと思いました。
確かに凹みや傷のあるタクシーには乗りたくないなぁやはり日本人は綺麗好きなんでしょうかね?

パトカーはどうなんだろう?
綺麗なパトカーに捕まっても嬉しくないなぁ(苦笑)豪華な覆面パトカーに捕まってもしかり。

Dear しのにぃ, だだ & やへ

>しのにぃ
私は車を所有したことがないので、実際どのくらいかかるか知らなかったんだけど、本当に日本は高いね。。
こっちは車がなかったら生活できない、とみんななぜか思うようで(実際は別に車がなくてもやっていける)ボロボロの車をとりあえず買います。
ぼろぼろだから結局すぐ壊れるけれど、もともとお金がないから修理できない。
登録とか車検もいけない。
でもそのまま乗り続ける。
違反切符を切られる。でもそれも払えない。
そこまでして車に乗るな!と思うのは私だけでないと思うんだけどね。

>だだ
とりあえず人や車に当てなければいい、って感じなのかも<バンパーは当てるもの。
車ってちょっと傷が入ったら大事だからものすごく繊細なものだよね~

>やへ
豪華な覆面は税金の無駄遣い、だよね。
豪華、というかどう考えてもガラが悪い車であおっておきながら切符を切ると聞いたことがあります。
取り締まってほしい人は全然取り締まってくれないくせに。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。