All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化け物

夏の授業で一緒で卒業したインド人Sが急遽就職が決まり、ニュージャージーへ発つ事になりました。

しかも今日(10/17)私たちがそれを聞いたのは3日前。中間テストがあろうとなかろうと、これを逃すと次いつ会えるか分かりません。昨日(10/16)MとHSと四人で記念写真を撮りに行きました。

Mは元米軍の諜報員なので、軍施設が利用できます。大きな軍関係者専用のショッピングセンターの一角で写真を撮ることにしました。

その前に、Mがエスティーローダーでメイクの予約を入れてくれていました(無料)。私は滅多に化粧をしませんが、日本でプロの人にしてもらうと、まつげと目の境目にアイライナーを入れるテクニック、アイシャドーの色の選択、チークの入れ方など、さすがプロ!といつも感動します。
我ながら結構綺麗になるな、と。。

今回も、感動しました、ええ。とっても。

濃すぎます!!!!!
やりすぎです!!

注文を一切聞かず、鏡も見せず、てきぱきと私のメイクをやってくれた人のアイメイクが目張り状態だったので、心配はしていたけど、鏡を見た途端椅子から落ちそうになりました。

下まつげの下にしっかりアイライン。。。
男性が化粧をしているみたい。
あるいは宝塚や京劇の舞台化粧を間近で見ているみたい。。。

下のアイラインは目からかなり離れていて、非常に不気味です。
怖すぎます。

そして、眉毛、濃すぎます。
真っ黒のペンで同じ太さで最初から最後まで描いてくれたので、まるで眉毛犬(懐かしい)。
ピエロみたい。

初めて私が自分で化粧した時よりひどい。
海外挙式をする人がメイクで悲惨な目に遭うというのに納得です。

まず私が終わって一番最初にしたのは、姿見の前で下のアイライナーとアイブロー(眉)を取り除く事。

それでも濃い。10歳老けた気分でした。
こんな顔、もう二度と見ることはないでしょう。
次回は自分で化粧します。(続く)
スポンサーサイト

<< テスト期間中のアフロ君 | ホーム | 法律のお勉強 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。