All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真撮影

先日、「化け物」と題して強烈な化粧をされた事を書いて、(続く)と書きながら全然続きを書いていなかった私。失礼しました。

コワイ化粧を済ませた後、軍施設のショッピングセンターの一角の写真館にて、4人の写真を撮ってもらいました。写真館でマトモに写真を撮ってもらうのは15年ほど前、叔父さんの実家で従兄弟同士の写真を撮ってもらって以来二回目です。

041107-1.jpg



何に感動したかというとポーズのとらせ方。一枚目はまあ普通ですが、これも、HSが「腕が太く写っている」と言い出してウクレレを持たせる小技が効いています。(そこが気になるならそういう服を着なきゃいいのに、なんて言いません)

041107-2.jpg


次の日ニュージャージーに発つSと二人ずつの写真を撮る時も体の角度とか絶対自分ではしないねじれ具合。なのに写った写真は非常にバランスが取れています。これ、後ろから振り返っているのでかなりキツイ体勢ですが写真では分かりませんよね。モデルってすごいなあ。(Sと肌の色が変わらない事はあえて触れないで下さい)

最後の写真は「みんなアホな事をして!」と言われて撮ったもの。日本だったら写真館まで来て「アホな写真」を撮る人は少ないのではないでしょうか。

041107-3.jpg



台湾、インド、日本、ドイツの多国籍写真。
写真館のお兄さんもあまりのバラエティーに仰天。

Sにとっても、私たちにとっても思い出に残る一日になりました。

ちなみに背景は合成ではなく、そういう背景写真の前で撮るきわめてアナログな背景です。写真館ってそういう所かな?(何しろ行ったことが殆どないので)
だからトリミングの境目など気にする必要もなく、キレイな写真になりました(化粧は怖いけど)
スポンサーサイト

<< Sの旅立ち (前) | ホーム | ハロウィン前夜 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。