All times are GMT -10 Hours
(Hawaiian Time)

プロフィール

cana

  • Author:cana
  • ・大学院生(2004年6月末~)→修了。就職しました。
    ・ハワイ、オワフ島在住
    ・関西出身

    もう少し詳しいプロフィールはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーキの色は海の色

こちらの食べ物はたまに信じられない色をしています。特にお菓子。
どうも「青」がお好みのようで、真っ青なクリームの乗ったケーキやクッキーをスーパーへ行くと必ず見かけます。
黄色やピンクもレモンやイチゴを彷彿させるというより、いかにも「人工色」

20数年前、ロスに住んでいた頃の数少ない記憶の一つに弟の誕生パーティ用に頂いたケーキがあります。
それは巨大で四角く、スーパーマンの絵が描いてありました(当時の彼はスーパーマン大好き)。
バックは真っ青な空。
(今それを思い出そうとすると、どうしても青いバックのグリコのおじさんしか思い浮かばない)

まさか、未だにその色彩感覚のままとは思いませんでした。
ハワイらしい素敵な海の絵が描かれているケーキもありました。波の絵も見事で立体的でサーファーまで描かれています。でも、海なので殆ど全面青。水色ではありません。いわゆる「青」です。
こういったケーキも食べる機会が残念ながらあります。感想。あ・ま・い!!!!砂糖の塊より甘いのでは?と思ってしまいます。

シュガーレスは必要でも、甘さ控えめ、という言葉はまだこの国には必要ないのかもしれません。

先日テレビでブリジットジョーンズの日記を観たのですが、その中に失敗して、真っ青なスープを作ってしまうシーンがありました。
さすがにこれは、みんな色に驚いていたので「青」が許されるのは甘いものだけかもしれません。

日本でもガムは青色していますよね。
そういえば真っ青なアイスやかき氷は「ハワイアン」と言っていたような気が。。
食べたことないけど。
青が駄目なのは私だけかな。。

色とりどりのケーキ。
ラベルを見た限りでは、これは色が違うだけで味は全く同じ(のはず)041116.jpg

スポンサーサイト

<< 赤い肉 | ホーム | じょりじょり >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。